このページの本文へ

アスキーチャンネル生放送「デジデジ90」アーカイブ/2018年版第22回

2018年7月24日放送

NEOGEO mini発売!集え猛者「KOF '98」最強決定戦ここに開幕

2018年07月28日 10時00分更新

文● アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年7月24日(火)の生放送は「祝NEOGEO mini発売! 俺たちの『ネオジオ』SPナイト」。

 ネオジオの名タイトル40本を手のひらサイズに収録した「NEOGEO mini」を、発売当日に遊んじゃいます。「KOF '98」から「メタスラ3」まで、みんなが夢中になったあの傑作ゲームをプレイ!

 番組では、ハッチ私物の激レアアイテムが登場? 日々デジタルガジェットを追い続けるアスキーの面々が、ネオジオの思いの丈を好き放題語るという熱い生放送となりました。

 出演はネオジオのロゴしか見たことがないつばさ、元ネオジオ攻略ライターのスピーディー末岡、そして「NEOGEO mini」を予約して発売当日にゲットしたジサトラハッチです。それでは放送をふりかえります。どうぞ!

 本放送にあわせて、1991年発売の「家庭用ネオジオ」もスタジオに用意しました。当時、家庭用ネオジオはとても高く、本体がおよそ5万円でソフトは1本2~3万円だったとか。

 そんな高級ゲーム機を買ってもらえなかった小学生のハッチは、ネオジオ遊びたさにネオジオを買った友達にお近づきになって、家に入り浸っていたという思い出を語っていました。

 ネオジオ大好き少年だったハッチは、大人になってSNKプレイモアの公式ライセンス製品「NEOGEO X」を購入。なんとこちら1000台限定の製品。NEOGEO Xについてはハッチがこちらでレポート記事にしています。

 ネオジオの思い出を語ったあとは、つばさとスピーディー末岡が横スクロールのアクションゲーム「メタルスラッグ3」をプレイ! スピーディー末岡いわく「難易度が非常に高くてやりごたえのあるゲーム」とのこと。敵の攻撃に当たるとあっという間に死ぬので、当時ゲームセンターで遊ぼうものなら100円玉ガンガンを溶かすゲームだったそうです。

 ミッション2で出現するゾンビの攻撃に当たると、自身もゾンビ化。ゾンビ状態で放てるボム攻撃「吐血ビーム」が超強力。「個人的にはゾンビがいいですね」とわざわざゾンビの群れに突っ込むつばさ。それでいいのか!?

 次にプレイしたゲームは「THE KING OF FIGHTERS '98」。アスキー編集部で腕に覚えがあるドリル北村とイッペイPも参戦。

 今回、トーナメント形式で対戦して勝ち抜いた猛者は、強そうなつばさ(KOF初プレイ)に挑戦できるというもの。つばさの手書きボードを見ながら、「つばさの位置おかしくない?」「ドリルがドソルに見える」など出演者一同から疑問の声が上がります。

 敗者には「センブリ茶」イッキ飲みとう、アスキー定番罰ゲームが待ち構えています!

 いつもは番組を盛り上げてくれるイッペイPは、プレイ中ほとんど喋らなくほど本気モードに。強キャラだという「八神庵」やシリーズのボスキャラ「ルガール」で無慈悲に相手を攻めていました。勝利を勝ち取りアスキーKOF '98トーナメントのボス「ツバール」に挑戦したのはいったい誰!? 気になる方はぜひ本放送のアーカイブをご覧ください!

 番組の最後には、みやのプロが週刊アスキー No.1188の紹介をしました。それでは本放送のサンプル動画をどうぞ。


 「祝NEOGEO mini発売! 俺たちの『ネオジオ』SPナイト」放送の全容は、ASCII倶楽部にログインして、ご覧ください!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!