このページの本文へ

ナベコの公開処刑ダイエット第336回

三十路が体重を毎日公開!

高級な「いいちこ」は「山の手のナポレオン」~615、616日目~【倶楽部】

2018年03月07日 20時30分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
じゃがりこ食べました!

 ヒパヒパ! アスキーのグルメ担当ナベコです。この連載は毎日たくさん飲み食いしているグルメ担当の記者が無謀にもダイエットに挑戦するというのがテーマ。食べたもの、飲んだものを晒していきます。

 写真はじゃがりことじゃがビー食べ比べた時のもの。記事はこちらです。→じゃがりこ最強説 じゃがビーより優秀な4つの理由

 先日、百貨店のお酒売り場でちょっと高級な「いいちこ」を飲みました。「下町のナポレオン」という文句で知られているいいちこは、大分県の三和酒類がつくっています。大衆的なイメージがありますが、プレミアムラインの製品もあるのですよね。

「いいちこ空山独酌」

 ひとつは、「いいちこ空山独酌」。麹の技術で丁寧につくり上げたという麦焼酎です。飲んでみると、一般的ないいちこと全然違いました。麦の華やかな香りと、後から追ってくるように深く響くおいしさ。

 文句なしに上質でおいしいです。これはいい!

 空山独酌は720mlのボトルで2000円強です。ギフト用にもよさそう。

「いいちこスペシャル」

 もうひとつ飲んだのは、「いいちこスペシャル」というもの。液体が黄金色に輝いていますが、麦焼酎です。オーク樽に寝かせて風味をつけたという、まさにスペシャルないいちこ。

 香りからして、ウイスキーのようにウッディ。飲んでみると、まさにウイスキーのように力強い味わいでした。すごい! まるで、麦焼酎ではないよう! でも麦焼酎だから、力強さの中にも優しいまろやかさが出せるものと思います。

 価格は、720mlのボトルで3000円弱。「これがいいちこ!?」といい意味で印象を覆してくれました。下町のナポレオンではなく、山の手のナポレオンはどうでしょう。

 いいちこの意外な側面を知りました。ところで、いいちこはなんで下町のナポレオンなのでしょう。ナポレオンという名前のブランデーがありますが、それにかけているのかな?

三十路記者の食事年末年始ダイジェスト 

●615日目

朝・昼 ざる蕎麦

夜 かつおの刺身 

呑みもの ビール 焼酎 日本酒

初がつお! にんにくをだいたんにきかせて食べるのが好きです。

●616日目

朝 梅干しご飯 味噌汁

昼 お弁当(豚肉の炒め物)

夜 海苔巻 タケノコの煮物

呑みもの ビール 日本酒

お弁当を食べました。メインは豚肉の炒め物です。
夜は海苔巻。
それと、煮物。

 さて、体重計測の結果は?

この連載の記事
ASCII倶楽部にて、週刊アスキーの人気ルポ漫画『カオスだもんね!PLUS』が、まとめて読める新コンテンツがついに配信開始!

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!