このページの本文へ

アスキーチャンネル生放送「デジデジ90」アーカイブ/2018年版第7回

2018年2月27日放送

未発売カメラもキタ! 最新14モデルの機能・性能を実機レビュー 【デジデジ90】

2018年03月01日 20時00分更新

文● アスキー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2018年2月27日放送のデジデジ90は「2018年のカメラ業界はこうなる!CP+直前SP」。

 3月1日(木)から開催されるカメラと写真の祭典「CP+2018」。

 キヤノン、オリンパス、パナソニック、ソニー、富士フイルム―― 各メーカーがCP+で披露する最新モデルなど、最新のカメラをたくさん用意して紹介しました!

 それでは、放送のようすを画像でふりかえります。どうぞ!

 みなさまこんばーる! つばさです!

 どうも〜! みやので〜す!

 ゲストには週刊アスキーの元常駐カメラマンで、現在プロカメラマンとして活躍中の岡田清孝さんにお越しいただきました!

 今回はこの3人でお送りします! そしてこんなにたくさんのカメラを各メーカーさんから貸して頂きました! 合計14モデル! 中にはまだ発売されていないモデルも含まれているので、3人ともテンションMAXです! では、ひとつひとつレビューしていきますよ!

みやの編集長カメラに囲まれて幸せ!

 最初のコーナーは「デジカメトレンド2018 最新モデルで予想するよ〜ん」。用意したカメラを実際に触って紹介しながら今年のカメラ業界のトレンドを予想していただきます! 最初に紹介したカメラはパナソニックの「LUMIX G9 Pro」。

 LUMIX G9 Proは、パナソニックとオリンパスのレンズを幅広く使えるマイクロフォーサーズシステムを採用しています。1秒で20コマ撮影できるほか、連続で撮影した画像を合成して8000万画素相当の写真にしてくれるなど、まさに静止画最強のカメラです! ……ってみやの編集長、岡田さんが説明しているのにカメラに夢中になっているご様子。

 続いて紹介したのはパナソニックの「LUMIX GH5X」。動画撮影に特化したGH5の高感度モデルで、なんとシネマ4K60Pも記録可能! 背景ボケが強い画が撮れるのも特徴だそうです!

 こちらはパナソニックの「LUMIX GF 10」。180度回転する液晶で自撮りもラク〜に撮影できます! みやの編集長思わず自撮り☆

 さらにGF 10はレンズ交換が可能! 先ほど紹介したG9 Proのレンズだって付けられちゃうんです!

つばさのお気に入り「さざ波シャッター」

 初心者にもオススメなのはオリンパスの「OM-D E-M10 Mark 3」。簡単な操作で星空のタイムラプス撮影などができるそうです。実機に触って写真を撮るつばさ……ってそのファインダーの覗き方はいったい……!?

 続いてご紹介したのはソニーの「α9」。メモリー内蔵センサーでAFも連写も超速なのが特徴です。電子シャッターによって驚くほど早く連写ができるだけでなく、”動いているものが歪む”という電子シャッターの弱点をメモリーを積んで処理を早くすることで解消したそうです! 早すぎる連写速度に驚愕のつばさ。ぜひ動画で確認してみてください!

 そして今回つばさが気に入ったカメラが富士フィルム「FUJIFILM X-H1」。センサーサイズや画素数の競争を繰り広げているデジカメ市場に投じられた「感性」に響くカメラです! みやの編集長いわく「シャッターの押し心地が昔の超高級カメラと同じ感じ」とのこと。

 つばさもこのシャッターボタンと音がとても気に入ったようです! つばさいわく「さざ波のように静かなシャッター音」とのこと。耳を近ずけてシャッター音に癒されています。このカメラのシャッター音もぜひ動画で確認してみてください!

CP+はどう歩く? みやの編集長オススメブース

 続いてのコーナーは3月1〜4日にパシフィコ横浜で開催されるカメラと写真の見本市「CP+」にみやの編集長が注目するブースをCP+のマップをみながら説明します。

 まず最初に回りたいのは、みなとみらい側の出入り口から1番近いオリンパスブース。去年まではオリンパス製品を持っていくとグッズをもらえたらしいのですが、今年はどうなのでしょうか? 次に回るのはマウスコンピューターブース。なんとマウスコンピューターブースでは抽選でDAIVが当たるらしいです。会場に足を運んだ際はぜひ立ち寄りたい場所です。

 そして新しいカメラを大量に出したパナソニックブースは必ず足を運びたいところ! みやの編集長のオススメだという「LUMIX TX2」もここで触ってみて欲しいです!

 パナソニック、キヤノン、ソニー、リコー、富士フィルムでは来場者プレゼントがあるブースもあるのでお時間のある方は1日CP+に当ててみてはいかがでしょうか? みやの編集長は途中から「ここも、ここも」と止まらなくなってしまいました……岡田さんも一緒になってCP+をどう回るか談義。つばさは番組を自由な2人をほっといてしっかり進行します。

 というわけで、最新デジカメの実機を使った紹介とみやの編集長のCP+注目ブースをお届けしました! 記事で紹介できなかったカメラやCP+のお得情報も満載なので、ぜひぜひ今回の放送アーカイブをご覧くださいね。まずはサンプル動画をどうぞ。


 「2018年のカメラ業界はこうなる!CP+直前SP」放送の全容は、ASCII倶楽部にログインして、ご覧ください!

この連載の記事
ASCII倶楽部にて、週刊アスキーの人気ルポ漫画『カオスだもんね!PLUS』が、まとめて読める新コンテンツがついに配信開始!

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!