このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第343回

仮想通貨のイメージは悪くなるばかり?

2018年02月07日 08時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 仮想通貨ですが、どうにもお騒がせなニュースばかり聞こえてきます。

 まずなんといっても、580億円相当の仮想通貨・NEMが流出した、仮想通貨取引所のコインチェックでしょう。金融庁は先月29日、同法にもとづく業務改善命令を出していたのですが、2日に改正資金決済法にもとづき立ち入り検査を開始。命令からわずか4日間という異例の速さで立ち入り検査となりました。

 とはいえ、仮想通貨そのものに問題があったわけではなくて、銀行の窓口に強盗が入って現金を盗まれたといえばわかりやすいでしょうか。取引所(コインチェック)から不正アクセスによって盗まれたので、問題なのは仮想通貨の存在ではなく、コインチェックのセキュリティーです(それが大きすぎる問題だったわけですが)。

 仮想通貨を狙った犯罪はあとをたちません。昨年12月、仮想通貨の採掘(マイニング)環境を提供するスロベニアのナイスハッシュが、ハッカーに6400万ドル(およそ70億円)相当のビットコインをウォレット(保管口座)から盗まれた事件も記憶に新しいところかと思います。

 今年に入って1月には、仮想通貨を採掘するマシンに感染して、マイニングソフトのウォレットアドレスを書き換えてしまい、収益を横取りするマルウェア「Satori Coin Robber」が発見されています。

この連載の記事
ASCII倶楽部にて、週刊アスキーの人気ルポ漫画『カオスだもんね!PLUS』が、まとめて読める新コンテンツがついに配信開始!

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!