このページの本文へ

窓の円盤を何万枚も売った女が語る 『そんなの業界じゃあたりまえっちゃ!』第64回

猛烈な勢いだったウイルス、Nimdaに感染して涙目だった話

2018年01月17日 17時00分更新

文● イラスト●せれろんやまだ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 PCを使うものにとって、「ブルースクリーン」や「起動不能」、「ネットワーク未接続(インターネット使用不能)」など、恐怖の事象はいくつかありますが、中でも最も恐ろしいもの、それは「コンピューターウイルスへの感染」です。

 セキュリティーソフトを入れているから安全! ネットワークにつながっていないから安全! と思いきや、奴らはいろいろな経路から侵入してきます。特に新種のウイルスなどは、蔓延が早かったりすると、セキュリティーソフトが対策に追い付かず、いつの間にか感染していた……ということもあります。

 そんな頭を悩ませたウイルスの代表格は「Nimda」だと、個人的には思っています。

 いや、自分が感染してしまったからだとは思いますが……。

 そうです、感染してしまったのです。あの「Nimda」に。

せれろんやまだ

 大手PC関連デバイス販売代理店で敏腕を誇った“姐御”。現在子育てに悪戦苦闘中。IT業界の“あるある”から“困った”をブッタ切っていくぞ!

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!