このページの本文へ

週替わりギークス第58回

副業難民のための『完全パラキャリマニュアル』その3「今月はスキルをtoBで売る!」

週2時間で月に数十万円稼げる副業「プロジェクト型業務委託」に挑戦しました

2018年01月23日 17時00分更新

文● 正能茉優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今回は稼いでみますよ!

今回は業務委託で単価の高い副業に挑む

 皆さん、こんにちは! ハピキラFACTORY&ソニーで働く「パラキャリ女子」の正能茉優(しょうのうまゆ)です。

 この連載では、副業解禁が進むこの時代、会社に雇われずに「個人」という単位で副業やパラレルキャリアを実現する方法を、いろいろなサービス・アプリを使いながら検証しています!

 サラリーマン大国である日本で、副業解禁にともない増えるのは、なにを副業にしたらいいかわからない「副業難民」たち。そんな副業難民が副業・パラキャリできるようにするにはどうしたらいいのか?

 その解決方法を検証していくのが、この「副業難民のための『完全パラキャリマニュアル』」です。

 前回もお伝えしたとおり、ルールは3つ。

実践する副業ルール

1.あくまでも「本業」がある中での副業・パラキャリなので、最大でも月に15時間まででできること(1日30分が目安)
2.特別な設備・装備がいらないこと(莫大な初期投資は現実的じゃない!)
3.本業の人に知られたとしても、問題ない内容であること(競合に手を貸したり、公序良俗に反したりするものはダメ!)

 前回は、フリマアプリを使って「CtoCでモノを売る」ことをしてみたわけですが、これが想像以上に大変でした。購入者との度重なるやりとりで多くの時間を取られるわ、そもそも手元に売るモノもそこまでないわ、でなかなかコスパが悪いなと思ってしまったわけです(もう私はやらないぞと思っていたら、なんとフリマアプリでモノを買う側の人になってしまいました。お金を稼ぐどころか、むしろお金を使ってますw)。

 やってみてわかったのは、やはりスタートが楽しくないと人間なかなか続けられないということ。

 そこで、今月のテーマは「わかりやすく結果が出る(=稼げる)副業をしてみよう」と思います。「toCで単価の安いものの数を積み上げて稼ぐ」ではなく、「toBで単価を高くしてドーンと稼げる」もの。

 今回、私が「個人がtoBでお金を稼げるサービス」として、目をつけたのは「業務委託」です。それも、「顧問」「プロパートナー」といった、「通う頻度が少ない系の業務委託」。社員ではなく、週に複数回行くような業務委託でもなく、特定領域に関する深い知見を使って、少ない頻度で関わるお仕事です。

 では、そもそも、自分の得意領域を必要としてくれる会社とどう出会って、どう仕事を見つけるのか。早速、そういったサービスがないか「業務委託 顧問 サービス」と調べてみると、世の中には、特定領域で困っている会社と、特定領域に強い人材をつなぐサービスが十数あることがわかりました。

 ただ、それらのサービスの差がまったくもってわからず、私自身どのサービスを使っていいかわからなかったので、まずは「企業へのコミット度」という観点から、大きく3つの領域に分けてみました。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!