このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第330回

冬アイスは当たり前ではないかもしれない

2018年01月05日 08時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 あけましておめでとうございます。2018年も、ASCII.jp、週刊アスキー、そしてASCII倶楽部をよろしくお願い申し上げます。

 筆者は年末年始のグルメ記事として、編集部員にオススメのアイスを紹介する記事を書きました。反響も多く、うれしい限りです。

 この記事では、森永乳業の調査(2016年)を紹介しています。「98.4%の人が冬でもアイスクリームを食べたい」と答えたという結果が出ているそう。ちなみに冬にアイスを食べる理由の1位は「部屋が暖まると冷たい食べ物を食べたくなるから」。そりゃそうかという気もしつつ、なんだか納得してしまいます。

 ちなみに調査によると、夏と冬に食べる(食べたい)アイスクリームの特徴が大きく異なっています。夏は「食感がシャリシャリしている」「味がさっぱりしている」が上位だったのに対し、冬は「食感がなめらか」「味が濃厚」が他の要素を大きく上回ったとのこと。

 また、冬に夜食として食べるメニューを聞いたところ、夜食を食べない人を除くと「アイスクリーム」が1位だとか。やはり、気温の下がる冬といっても、冷たいアイスは人気なのですね。

 ただ、この記事を書いていて、ちょっと気づいたことがあります。親切に書かないとダメかもしれないなあ、ということです。当たり前かもしれませんが、忘れがちになりやすい視点です。「冬のアイスは人気があるのは筆者の思い込みでもない」となんとなく書くのは、ちょっと不親切かもしれない。

この連載の記事
ASCII倶楽部にて、週刊アスキーの人気ルポ漫画『カオスだもんね!PLUS』が、まとめて読める新コンテンツがついに配信開始!

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!