このページの本文へ

アスキー的パソコン大解剖

祝!メッセージの送信取消機能 実装記念

LINEの知って得する使い方25選 既読時間の意味、送信取消、誤送信防止など解説

2017年12月30日 17時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LINEユーザー長年の悲願だったメッセージの送信取消機能がついに実装されたことを記念して(?)、今さら知らないとは言えないLINEの基礎知識から裏技・TIPSまでドーンと大公開しちゃいます。

Q:誤爆しちゃった……送信を取り消せる?
A:24時間以内なら既読未読関係なく可能に!

 間違った相手にメッセージを送ってしまういわゆる“誤爆”をしたことがあるという人は多いだろう。そんな人たちに朗報! とうとう待ちに待った送信取消機能が実装された。使い方と注意点について紹介しよう。

 メッセージを誤送信してしまった場合は、消したいメッセージを長押ししよう。続いて「送信取消」をタップすると、自分の端末と相手の端末からメッセージを消すことができる。

 ただし、消した側には「メッセージの送信を取り消しました」、消された側には「◯◯がメッセージの送信を取り消しました」と表示されるので、消した履歴自体は残ることになる。

 取り消せるメッセージは、1対1でのトーク、複数名でのグループトークを問わず、24時間以内に送信したメッセージが対象だ。既読未読無関係に消せる。メッセージ以外にも、スタンプ、画像、動画、ボイスメッセージ、LINEMUSIC、URL、連絡先、位置情報、ファイル、通話履歴なども取消可能であり、何を消しても表示される文面は「メッセージの送信を取り消しました」というものとなる。

 ただし、メッセージを取り消すには最新バージョンにアップデートしておく必要がある。また、一部OSバージョン以外は、スマートフォン本体における通知表示は取り消すことができないので、気をつけてほしい。

メッセージを誤送信してしまったら……消したいメッセージを長押しして「送信取消」をタップ
注意が表示されるので「送信取消」をタップメッセージを取り消せた!
メッセージを取り消された側にはこのような表示が残る

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!