このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第316回

声で操作する家電に名前を付けたい

2017年11月30日 08時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 スマートスピーカーがいよいよ出揃ってきた感がありますが、中でも有力なのがアマゾンの「Amazon Echo」です。

 Echoの魅力のひとつに「スキル」があります。スマホのアプリのようなもので、アシスタント機能「Alexa」にさまざまな機能を追加できます。ASCII編集部のゆうこばさんが、さっそくEcho経由でアイロボットのロボット掃除機「ルンバ」を操作していました(関連記事)。

 基本的には、「Alexa、ルンバを使って掃除して」「Alexa、ルンバを使ってどこにいるか教えて」といった具合で操作します。掃除中であっても特に問題なく音声を認識してくれそうで、さすがの性能です。

 ゆうこばさんによれば、自分の声でルンバが動き始めたり止まったり、「どこにいるか教えて」のコマンドでピロピロと鳴ったりする様子が、ルンバとの距離感をより近くしてくれる気がした……とのこと。やはり音声での操作は、電子機器との心理的距離をも縮めてくれるようです。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!