このページの本文へ

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典第59回

あのグーグルでさえもスマートフォン市場では迷走していた

2017年10月08日 12時00分更新

文● 山根康宏 編集●ゆうこば

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Androidを提供するグーグルは自社でもスマートフォンを市場に投入しています。Androidの最新バージョンをいち早く体験できるだけではなく、ハイスペックかつ最新機能を搭載した魅力的な製品も数多く手掛けてきました。

 2016年からは新たにPixelシリーズに切り替わった、グーグルのスマートフォンの歴史を振り返ります。

リファレンスモデルとして登場
最初のNexusもHTCが手がける

 Nexusの最初の製品である「Nexus One」は2010年1月に発表されました。それまでOSのみを手がけていたグーグルが自社からスマートフォンを出す動きに対し「アップルのようにハードウェアも開発し、垂直統合ビジネスを進めるのだろうか」という声も聞かれました。しかし、グーグルの狙いはハードウェアメーカーになることではありませんでした。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!