このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第269回

レコード、Bluetoothでより身近に

2017年09月07日 08時00分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ティアックは9月6日、レコードプレーヤー「TN-400BT」を発表しました。9月23日発売予定で、直販価格は5万6160円。

 ポイントはBluetoothトランスミッターを搭載していること。ワイヤレススピーカーなどに直接音声を送信できます。コーデックはSBCに加えてapt-XとAACに対応。また、USB出力でパソコンと接続することで、最大48kHz/16bitのPCM音源として録音可能なのも面白い。

 日本レコード協会によると、2016年のレコードの国内生産枚数は、79万枚と過去10年間で最多。10年間で最も落ち込んだ2009年(10万枚)と比べると約8倍に増えたそうな。

 市場はそれほど大きくないにしても、「若い層にもアナログが人気です」などと言われています。レコードのみのリリース、レコードでの再発、なんてニュースもちらほら目にするようになりました。部屋に眠っていたレコードを、この機会だから引っ張りだそうかな……と考える人もいるでしょう。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!