このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第221回

「ドラゴンボール」のゲームが速すぎてスクショが撮れなかった

2017年06月16日 08時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バンダイナムコエンターテインメントの「ドラゴンボールファイターズ(DRAGON BALL FighterZ)」。キャラクターは3Dモデル、ゲームシステムは2D格闘ゲームという、「ドラゴンボール」と相性がよさそうなグラフィックで注目を集めている格闘ゲームです。

 開発は「ギルティギア」シリーズでおなじみのアークシステムワークス。アークシステムワークスのキャラゲーといえば「北斗の拳」や「戦国BASARA X」など、自作PC担当の若人・ジサトラショータがなぜかやりこんだゲームでおなじみ。

 対応プラットフォームはXbox OneとPlayStation 4、海外のみSteamでも配信とのこと。発売は2018年初頭となっています。


 さて、このゲームに関して、筆者の隣の席にいるちゅーやんがハチャメチャが押し寄せて来るような焦り具合です。なんでも、ドラゴンボールファイターズ関連の記事を書こうと、動画を再生してスクリーンショットを撮ろうとしているのですが、映像のテンポとキャラクターの動きが速すぎて、スクショが撮れないとのこと。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!