このページの本文へ

こだわり部隊の本音「ジサトラ 完全版」第41回

RyzenとRadeonでVRをプレイしようと思ったら問題が……

2017年05月18日 12時00分更新

文● ジサトラハッチ/今週の研究員

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 どうも、アスキーのAMD&VR担当ハッチです。久しぶりにインテルCPUに匹敵する性能と話題となっているAMDの新CPU「Ryzen」、私も買いましたよ! 私はRyzen 7の深夜販売で『Ryzen 7 1800X』を購入。マザーボードはASRockの『X370 Professional Gaming』を選びました。

最初に組んだ際の機材一式。電源とメモリーは、すでに持っていたモノを流用。PCケースとストレージ、グラボ(Radeon RX 480)は、組む前に使っていたPCのものを使用しました
ENERMAXの『ETS-N31』は、バックパネルを使うことなく取り付けが可能なタイプで、小型なのはいいのですが、ブラケットのノッチに届きづらいギリギリの作りなので、着脱にコツがいるのがちょっと難点

 X370のマザーボードは、発売されたばかりの頃は結構厄介さんで、いろんなメーカー製品で不具合が報告されていました。特に報告が多かったのが、メモリーの相性。私も当初、検証用に昔購入していたUMAXのDDR4-2133メモリーをデュアルチャンネルで使用したところ3分に一度の割合で突然ブルースクリーンが表示され、自動的に再起動するという不具合に悩まされました。

ジサトラ完全版:今週の研究員

ジサトラ ハッチ
ジサトラのVR担当、自称VRスペシャリスト。VRがあれば、リアルなんていらないと最近本気で考え始めているのが、怖いところです。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!