このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

倶楽部のAV特集第9回

やっと4K化したのに8Kとか夢物語……ではありません! 

またテレビを買い替えるの!? 来年に迫った8K放送を解説!

2017年05月19日 19時00分更新

文● 鳥居一豊 編集●ハシモト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
シャープの8Kディスプレーとチューナー
法人向けながら、いよいよ販売されるシャープの8Kディスプレーとチューナー

 今や量販店のテレビ売り場は4Kテレビが前面に押し出されている。4Kテレビが普及期に突入しているわけだが、4K・8Kの本放送が来年(2018年)にもはじまるのをご存知だろうか?

 4K・8K放送は東京五輪が開催される2020年に向けて準備が進められてきた。現在は試験放送(一般の視聴者が受信・視聴はできない)が行なわれている状況だが、今年の1月に放送事業者とBSおよび110度CSの周波数割り当てが発表された。

 実用放送(本放送)の開始は2018年12月1日で、それに合わせて対応する薄型テレビやチューナーなどの製品が登場する見通しだ。

 ところで、4K・8K放送についてはまだよくわかっていない人が多いだろう。すでにスカパー! プレミアムで放送が行なわれている「スカパー! 4K」と混同している人もいるかもしれない。

 ここでは、4K・8K放送について詳しく解説するだけでなく、現状のテレビ放送も含めて整理していくことにする。

4K・8K放送とは? 「BSで行われる」4Kおよび8Kのテレビ放送のこと

 まずは4K・8K放送について解説していこう。4Kや8Kはテレビの水平方向の解像度を示したもので、現在の4Kテレビの3840×2160のように、水平に約4000の画素が並んでいるので4Kとなる。

 8Kは7680画素なので約8000だ。4K・8K放送でも、放送の解像度は4Kが3840×2160、8Kが7680×4320で行なわれる予定。ちなみに地上波などの現行デジタル放送は1920×1080なので2Kと表現されることもある。

4K・8Kの放送方式
解像度 圧縮方式 音声 HDR 画面サイズ 現状の放送予定波
2K(1920×1080) MPEG-2 AAC(最大5.1ch) 非対応 32V型~ 地上波/BS/110度CS、スカパー!
4K(3840×2160) HEVC MPEG4-AAC(最大22.2ch)、MPEG-4 ALS 対応(HLG) 50V型~ スカパー!、IPTV、CATVなど
8K(7680×4320) HEVC MPEG4-AAC(最大22.2ch)、MPEG-4 ALS 対応(HLG) 85V型~ BS/110度CS

 4K・8K放送の大きな特徴は、ハイビジョン放送の4倍または8倍の高解像度となるが、もう少し詳しく解説すると、映像信号は4K放送が4K(4:2:0 10bit)、8K放送が8K(4:2:0 10bit)となる。

 フレームレートはどちらも60fpsのほか120fpsも規定されている。転送レートはBS放送の場合、4Kで約30Mbps、8Kで約100Mbpsとなる。地デジ(2K 4:2:0 8bit 17Mbps)と比べて、情報量が拡大されていることがわかる。

 そして、「BT.2020」の広色域や「HDR」による高輝度の映像表示などの技術も盛り込まれ、解像度だけでなく色再現や輝度再現も大きく優れたものとなる。

 BT.2020は色域に関する国際規格で、自然界に存在する色彩の99.9%を表現可能。これまでの放送やBDで採用されていた「BT.709」で表現できるのが約75%ということで、圧倒的に色彩が豊かになる。

 HDRは「ハイダイナミックレンジ」の略で、文字通り従来よりも広いダイナミックレンジの映像を表示する技術。信号自体もHDR仕様である必要があり、送信データも容量が大きくなる。

 そして、HDRにはさまざまな方式がある。たとえば上の表のHDR対応のところにある「HLG」は「ハイブリッド・ログ・ガンマ」(Hybrid Log Gamma)の略で、HDRの高輝度情報を記録するための規格のひとつ。放送用HDR規格として策定されている。

 ちなみに4KブルーレイことUHDブルーレイで採用されているHDR規格は「HDR10」と呼ぶ。このほかに、動画配信などで採用されている「ドルビービジョン」(Dolby Vision)という規格もある。

ヤマハのAVアンプ「RX-V583」。HDMIパススルーにおいてハイブリッド・ログ・ガンマに対応する
ヤマハの最新AVアンプ「RX-V583」(実売価格 5万5000円前後)。HDMIパススルーにおいてハイブリッド・ログ・ガンマに対応する
ソニーの4K液晶プロジェクター「VPL-VW535」。ハイブリッド・ログ・ガンマにアップデートで対応予定だ
ソニーの4K液晶プロジェクター「VPL-VW535」(実売価格96万円前後)。ハイブリッド・ログ・ガンマにアップデートで対応予定だ

 ハイブリッド・ログ・ガンマの特徴は、HDR表示とSDR表示の互換性を持っていること。つまり、表示する4KテレビがHDR対応ならばHDR表示となるし、非対応ならばSDR表示となる。

 HDR10などの規格では、HDR非対応の機器で正しく表示するために再生機器側で映像信号を変換する必要があるが、こうした必要がなくなる便利な方式だ。

 これは、すでに「スカパー! 4K/総合」などで放送されているHDR番組で採用されており、現在発売されている多くのHDR対応4Kテレビでも対応している。

 以降のページ(アスキー倶楽部会員向け)では、4K・8K放送を受信するにあたって買い替えなければならないものなどを紹介していく。

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!