このページの本文へ

Swift Playgroundsで学ぶiOSプログラミング第37回

テーブルビューを使う(その6)

編集機能を使ってTo Doリストを作る

2017年04月17日 17時00分更新

文● 柴田文彦 編集●吉田ヒロ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 このところ数回は、ずっとテーブルビューを扱ってきました。iOSアプリにとってテーブルビューは非常に重要な存在で、さまざまなかたちでiOSのUIを支えています。テーブルビューの特徴を理解してから改めて見直すと、以前にはそれと気づかなかったアプリの画面が、実はテーブルビューで実現されていたことに気づくということもあるでしょう。

 今回は、これまでとはまったく違った角度から、テーブルビューの使い方の例を示します。前回までは、なんらかの既存のデータを表示することを基本としてきましたが、今回はいわば白紙のテーブルビューからスタートします。そこにセルを追加する機能を用意して、ユーザーが内容を追加できるようにします。追加した内容は後から削除したり、表示の順番を入れ替えたりすることも可能にします。こうして、テーブルビューに表示する内容の編集機能を実現します。その用途はいろいろと考えられるでしょう。今回は最も単純で一般的な例の1つとして、To Doリストを作ってみます。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!