このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

倶楽部のAV特集第5回

SNSで写真を自慢するなら高級コンデジを使え!

デジカメメーカーが画質にこだわる高級コンデジを総ざらい!

2017年04月07日 15時00分更新

文● ハシモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 最近の若者は、料理や自撮りなど、いかにSNSで注目を集める写真を撮れるかがライフワークになっているようだ。

 アクロバティックな写真はともかく、きれいな写真を撮るためにスマホで四苦八苦するより、画質にこだわる高級コンパクトデジタルカメラ(高級コンデジ)で撮ったほうが早いのではないか?

 自撮りにしても、段差を探して画角を調整しながらスマホを固定してBluetoothリモコンで撮るより、コンデジのライブビューをスマホで確認しながらリモート撮影するほうが効率的だし、きれいな写真も撮れのではないか。

 そこで、現在メーカー各社から発売されている高級コンデジを一通り紹介していく。

望遠から軽量モデルまで幅広いラインナップ
キヤノン「PowerShot X」シリーズ

最新モデルの「PowerShot G9 X Mark II」。約206gという軽量モデルだ
最新モデルの「PowerShot G9 X Mark II」。約206gという軽量モデルだ

 キヤノンは「PowerShot X」シリーズとして、5機種の高級コンデジをラインナップしている。

「PowerShot G1 Mark II」イメージ
1.5型の大型センサーを搭載する「PowerShot G1 Mark II」。発売は2014年とやや古めだ

 最上位モデルは「PowerShot G1 Mark II」(実売価格 8万円前後)で、1.5型の大型センサーを採用し、F2.0-3.9という明るい光学5倍ズームレンズを搭載する。

「PowerShot G3 X」 「PowerShot G5 X」
光学25倍ズームレンズ搭載の「PowerShot G3 X」。2015年発売なのでこちらもやや古め同じく2015年発売の「PowerShot G5 X」。一眼レフの形をした光学4.2倍ズーム機だ
「PowerShot G7 X Mark II」 「PowerShot G7 X Mark II」は2016年に登場した比較的新しい機種。光学4.2倍のズームレンズを搭載

 そのほかのモデルは1型センサーを採用。光学25倍ズームレンズを搭載する「PowerShot G3 X」(同10万円前後)やEVFを内蔵して一眼スタイルの撮影ができる「PowerShot G5 X」(同7万7000円前後)、小型ボディーに光学4.2倍のズームレンズを搭載する「PowerShot G7 X Mark II」(同7万5000円前後)、さらに小型・軽量化を追求した「PowerShot G9 X Mark II」(同6万円前後)と、用途に応じて選べるようになっている。

 この中で、最新の画像処理エンジンである「DIGIC 7」を採用しているのはPowerShot G7 X Mark IIとPowerShot G9 X Mark IIの2機種。このDIGIC 7の進化がかなり強力で、ほかの3機種とは機能面において差ができている。

G9 X Mark IIを手に持ったところ。コンパクトだ
G9 X Mark IIを手に持ったところ。コンパクトだ

 まず、ジャイロセンサーと撮像素子からの情報を元に手ブレを補正する「デュアルセンシングIS」により、G7 X Mark IIで4段分、G9 X Mark IIで3.5段分の手ブレ補正効果を実現した。

G9 X Mark IIの感度設定。ISO 12800まで設定できる
G9 X Mark IIの感度設定。ISO 12800まで設定できる
高感度撮影時のノイズリダクション効果の強弱を設定可能
高感度撮影時のノイズリダクション効果の強弱を設定可能

 また、感度設定がISO 12800まで行なえるようになり、高感度撮影時のノイズリダクションの性能が向上。たとえばG7 X Mark IIでISO 1600の感度で撮影した場合、DIGIC 6搭載機と比較してISO 800相当のエッジノイズを実現している。

流し撮りモードを選べば背景が流れるような写真が簡単に撮れる
流し撮りモードを選べば背景が流れるような写真が簡単に撮れる

 撮影機能としては、コントラストを拡大する「オートライティングオプティマイザ」をコンデジとしては初めて実装し、背景が流れるような写真を簡単に撮影できる「流し撮りモード」も搭載した。

G9 X Mark IIは無線LANはもちろん、Bluetoothにも対応する
G9 X Mark IIは無線LANはもちろん、Bluetoothにも対応する

 このほか、追従AF性能の強化、低照度時、または背景と同系色の被写体の検出精度の向上、小絞り時の回折現象の軽減などを実現している。

 次ページ以降(アスキー倶楽部会員向け)では、パナソニックやソニー、ニコン、富士フイルムなど、主要な国内メーカーの高級コンデジを紹介していく。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この特集の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!