このページの本文へ

「ライブ配信メディア完全解剖 〜過去と今、そして未来へ〜」第31回

生放送配信に便利! クラウドサービスで複数メディアお手軽同時配信術

2017年03月09日 17時00分更新

文● ノダタケオ(Twitter:@noda

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Restream.ioは、ストリーミングの映像と音声のソースを対応するライブ配信メディアのプラットフォームへ中継(転送)してくれるクラウドサービス。

 複数のライブメディアで同時に配信をしたいとき、従来は同時配信する数だけのソースをそれぞれのプラットフォームへ送ることが必要でした。しかし、Restream.ioのサービス(サーバー)を介した場合、ひとつ分のソースをRestream.ioが複数のプラットフォーム転送してくれるので同時に複数のチャンネルでライブ配信を実現できるのです。

 2015年から始まっているこのサービスは、現在「Periscope」「YouTube Live」「Twitch」「Ustream」をはじめとする、30以上のプラットフォームに対応。日本ではまだまだ馴染みがない「コア」なサービス、なのですが、実際に利用してみての気づき、利用することにあたって注意しなければならないことを紹介します。

複数に同時にライブするときのリスク

 前回の記事でも挙げたように「ひとつの番組コンテンツを複数のライブメディアのプラットフォームで同時に配信をする」というニーズはこの数年で増えています。近年の機器(主にライブ配信をするためのマシンなど)の高性能化によって、ひとつの機器だけで同時配信する必要な数だけの映像や音声を伝送することは難しいものではなくなり、そのニーズに対応できつつあります。

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!