このページの本文へ

VRアダルト最前線第21回

1月27日発売のACT.3前に結婚イベまでプレイ!

「カスタムメイド3D2」がVR特化型追加パックを発表!ガチでヤバいVRをおさらい【アダルトご注意】

2017年01月23日 22時00分更新

文● ハッチ/VRアダルティスト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 VR対応のアダルトPCゲームとしておなじみの「カスタムメイド3D2」。今回はそのカスタムメイド3D2のVR特化型追加パック「カスタムメイド3D2 バケーションパック VR」の紹介から。現在、ティザーサイトが公開されているので、気になる人は今後もチェックしましょう。

編集部から:この記事には、アダルト向けコンテンツの紹介が含まれています。不快と感じる方の閲覧は推奨しておりません。

 本作はカスタムメイド3D2またはwith Chu-B Lip(新S版も可)が必要となる追加アペンドパックDLCです。発売日と価格は未定。今回のテーマは「夏のバカンス」。雇用しているメイドからひとりをパートナーに選び、VRコントローラーを使っていたずらをして反応を楽しんだり、新規に追加される背景「ヴィラ(別荘)」「庭(畑)」「プライベートビーチ」「露天風呂」などの散策もできるそうです。

 散策中に見つけたオブジェクトをVR内で手に取って見ることでミニイベントが発生したりと、いろんなイベントが起こるそうです。たとえば、別荘地で花や野菜をメイドと一緒に育てたり、メイドと一緒に音楽やテレビを鑑賞したりが可能になるそうです。楽曲やテレビの映像は自分の曲、映像データが使用できるそうです。また、メイドの撮影会もあるとか。ゲームがさらに楽しめますね。

動物と戯れるメイドを 観察
一緒に花火をするシーンなんかも

 また、VRシステムにも改良が加わりました。たとえば、移動方法はマウスのホイールドラッグや、VRコントローラーのトラックパッドなどに加え、ワープモードが利用可能となりました。UIはVR空間上に浮かぶタブレットPCで操作が可能になりました。

UIのタブレットはVRコントローラーで握って自分の周りに配置できるとのこと

 VIVEやOculus RiftといったVRヘッドマウントディスプレー(VRHMD)を所持していない場合でもプレイできる非VRモードも実装される予定とのことなので、VRHMDを持っていない人も期待して待ちましょう。

 もちろん、メイドとの夜の営みを楽しむ新規特殊VIPモードが追加されます。これまで、カスタムメイド 3D2にはNPCや多数の夜伽スキルなどが追加された「カスタムメイド3D2+」、新メイドバトル「エンパイアリーグ」や新機能「結婚」などが追加された「カスタムメイド3D2+ ACT.2」などが発売されました。

専用ショップでは上記パッケージ以外にも追加性格や夜伽スキル、VIP、衣装など、数多くの追加アイテムが購入できます。中には期間限定0円でダウンロードできるものもあります

 そして、迫る1月27日には待望の「カスタムメイド3D2+ ACT.3」(税別4612円)が発売されます。ACT.3では新機能「新婚」が追加され主人公との関係に「新妻」が加わるとか。また、新婚旅行に行ったり、新規スケジュール「新婚生活」を楽しむこともできるそうです。ちょっとマジで内容が気になるんですけど。ACT.3を追加したらACT.2を持っていなくても「新妻」になることができるそうですが、ACT.2を追加していないと「結婚」イベントなどは見られないとのこと。そうなると、結婚イベント気になりますよね。

ACT.3でも新規ステージなど多数の要素が追加されます

 というわけで、最近PCのメインストレージが故障し、カスタムメイド3D2の全セーブデータが吹き飛んだ私が「カスタムメイド3D2+」と「カスタムメイド3D2+ ACT.2」を加えて、結婚イベントまでプレイしてみました。

この連載の記事

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!