このページの本文へ

MCコジマのカルチャー編集後記第108回

“ファブレット”復権? 大画面スマホが続々デビュー【倶楽部】

2016年12月16日 08時00分更新

文● コジマ/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「HUAWEI Mate 9」

 ファーウェイ・ジャパンから発表された新フラグシップ機「HUAWEI Mate 9」は、5.9型の大型スマホです。しかし、5.5型が当たり前になった今では、それほど“大型”という印象もないかもしれません。

 ただ、大型ディスプレーを搭載したスマートフォン、増えています。たとえばASUSの6.8型「ZenFone 3 Ultra」。シャオミの6.4型の「Mi MIX」も話題です。ファーウェイもオンライン市場向けのHonorブランドから6.6型の「Honor Note 8」を発売しています。

 2013年に発売されていながら今なお利用者も少なくない、ソニーモバイルの「Xperia Z Ultra」(6.4型)という名機もあります。一昔前は「ファブレット」などと言われていたサイズの、6型越えの大画面スマートフォンの魅力はどこにあるのでしょうか。

この連載の記事

ようこそ、ASCII倶楽部へ

週間ランキングTOP5

ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

ASCII倶楽部の新着記事

会員専用動画の紹介も!