このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

アスキースマホ総研・白書第9回

試作版Xperia XZのベンチマーク結果も掲載

iPhone 7とXpeira XZを徹底比較! それぞれの長所と短所を探る

2016年10月19日 19時00分更新

文● アスキースマホ総研

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モバイル業界のさまざまな発表会やイベントを取材し、四六時中スマホのことを研究し続けるチームがアスキーにいた! そう、彼らの名前は「アスキースマホ総研」。

 今回は、徐々に発表されつつある冬春スマホ。その2大巨頭「iPhone 7」と「Xperia XZ」。そのどちらを買うか非常に迷うところではありますが、

目次

  • 大きさやカラバリ、まずは外観から比較!
    (コラム「iPhoneとXperiaにある小型スマホ)」
  • 以下、ASCII倶楽部会員限定公開

  • 7 Plusは2眼!ZXはセンサーで勝負!カメラスペック比較(当ページ)

  • CPUやメモリーはどう違う? ブラウザーベンチも実施!
    (コラム「ヘッドホンジャック廃止のiPhoneとUSB Type-CのXperiaで使いたい周辺機器)」
  • まずは外観とサイズを比較! iPhone 7はPlusを加えて2サイズ

     まずは、iPhone 7/7 Plusについて。iPhone 7は4.7型750×1334ドットのディスプレーを搭載。幅67.1ミリ、奥行き138.3ミリ、厚さ7.1ミリの筐体となっています。

     iPhone 7 Plusは大型モデルで、ディスプレーは5.5型フルHD解像度(1080×1920ドット)。幅77.9ミリ、奥行き158.2ミリ、厚さ7.3ミリ。形はiPhone 7も7 Plusもほぼ変わりません。ただし、重量は138グラムと188グラムとずっしりと重くなります。

    写真はiPhone 7 Plus。カラーバリエーションは、7/7 Plusともに「ローズゴールド」「ゴールド」「シルバー」「ブラック」「ジェットブラック」の5種類

     一方、Xperia XZは5.2型フルHD解像度(1080×1920ドット)液晶を搭載。サイズは、幅72ミリ、奥行き146ミリ、厚さ8.1ミリ。重量は約161グラムです。大きさも重さもiPhone 7と7 Plusの間といったところです。

    写真はソフトバンク版Xperia XZ。左より「ディープピンク」「フォレストブルー」「プラチナ」「ミネラルブラック」の4種類

     iPhone 7のデザインはiPhone 6/6sシリーズと変わらず、筐体は7000シリーズアルミニウムでできています。さらに、7シリーズでは非常に光沢のある「ジェットブラック」も登場し、一部では品薄状態がつづくなどの人気色となっています。

     一方、Xperiaも金属筐体となっていますが、素材は神戸製鋼の「ALKALEIDO」という素材を使用。光のあたり具合で色合いが変わる独特な金属の質感が特徴的です。

    アンテナの配置方法は大きく異なる
    日本版Apple Pay開始でFeliCaアンテナの位置にも注目

     どちらも金属素材を使っているので、アンテナ位置は工夫されています。iPhoneは側面や背面などの白いラインがそれにあたり、iPhone 6sシリーズに比べて、7シリーズの方がより目立たなくなっていると言えます。

     Xperiaは、国内版「Xperia X Performance」と同様、背面下側に樹脂素材のパーツを設け、アンテナ代わりとしています。iPhoneと比べるとやや不格好さがありますが、4×4 MIMOなどより高速なモバイル通信が行なえるようになっています。実際、ソフトバンク版Xperia XZは同社版iPhone 7では利用できない下り最大350Mbpsの高速通信が可能です。

    iPhoneの背面。アンテナの感度向上を担ういわゆる「Dライン」は6sシリーズに比べ、7シリーズのほうが目立たないXperia XZはX Performanceとは異なり、国内版だけでなくグローバル版にもアンテナ対策が施されている

     また、アンテナという意味では、iPhone 7の目玉機能「Apple Pay」を日本で使用するための「FeliCa」のことも忘れられません。Xperiaを含む国内版Androidスマホに搭載され、名称としても定着しつつある「おサイフケータイ」との機能としての違いは、以前に特集しましたが、アンテナの位置もiPhone 7、Xperia XZともに大きく異なります。

     多くのAndroidスマホが背面にFeliCa通信に使うアンテナが配置されているのに対し、iPhone 7/7 Plusは上側面にあります。また、Xperia XZは前機種の「Xpeira X Performance」と同じとなりますが正面上部に配置されています。

     実際の利用シーンを考えると、iPhone 7/7 PlusはFeliCaの通信ポートに対して端末突き刺すようにタッチ。Xperia XZは正面を下に向け正面カメラを近づけるように決済端末に近づけるようにします。

    iPhone 7でSuica決済する際のイメージ。画面を上にした状態で上側面を決済端末を当てにいく感じでXperia XZは背面がメタル素材になっている影響でFeliCa/NFCアンテナが正面上部に来ている。Xperia Zシリーズとは異なり刻印などはない(X Performanceでは取り外し可能なシールで位置がわかるようになっている)

     もし、すでにおサイフケータイや非接触式ICカードを内蔵できるフリップ式ケースを使って買い物や電車の運賃などを払っている場合は、機種変更後少し勝手が異なるので、注意が必要です。

    iPhone 7 iPhone 7 Plus Xperia XZ
    画面サイズ 4.7型 5.5型 5.2型
    画面解像度 750×1334ドット、326dpi 1080×1920ドット、401dpi 1080×1920ドット、424dpi
    67.1mm 77.9mm 72mm
    奥行き 138.3mm 158.2mm 146mm
    厚さ 7.1mm 7.3mm 8.1mm
    重量 138g 188g 161g
    FeliCaアンテナの位置 上側面周辺 正面上部
    利用できる非接触型決済サービス Suica、iD、QUICPay(QUICPay+を含む) モバイルSuica、QUICPay(QUICPay+を含む)、楽天Edy、nanaco、WAON、各種Visa payWaveなど

    小型スマホ好きもあんしん!?
    iPhoneもXperiaもミドルレンジ機があり

     iPhone 7 PlusもXperia XZもそれぞれ5.5型および5.2型と、片手で使うにはやや大きめのサイズです。また、iPhone 7も幅67.1ミリと、5sまでのiPhoneユーザーであればやや大きめに感じるかもしれません。

     そこで注目したいのが、それぞれのシリーズのミドルレンジとも言える機種です。

    スペックも十分で小型なiPhone SE

     iPhoneであれば「iPhone SE」。5sとほぼ同等のスペックでありながら、各キャリアの高音質通話「VoLTE」、いわゆる動く写真の「Live Photos」、4K解像度ビデオ撮影機能などが追加されています。肝心のサイズも幅58.6ミリの4型ディスプレーとなります。

    XZ並みのカメラを備えるXperia X Compact

     Xperiaであれば、グローバルで発表済みの「Xperia X Compact」に注目。ミドルレンジ機「Xperia X」をベースとしているため、CPUはSnapdragon 650ですが、XZと同じカメラセンサー、RGBC-IRセンサー、レーザーAFを備えています。サイズはiPhone SEより大きめ、iPhone 7よりひとまわり小さい幅65ミリの4.6型機となります。

    前へ 1 2 次へ

    この連載の記事

    ようこそ、ASCII倶楽部へ

    週間ランキングTOP5

    ASCII倶楽部会員によく見られてる記事はコレだ!

    ASCII倶楽部の新着記事

    会員専用動画の紹介も!