このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

初歩から分かるBD活用講座第18回

録画した番組を家中どこでも視聴したい

BDレコーダーのサーバー機能を活用する

2012年11月22日 11時00分更新

文● 二瓶 朗(グラムワークス)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 居間に置いた大型テレビとともに設置したBDレコーダー。日々番組を録画してはいるけれど、録画番組を視聴するには居間のテレビを使わなけらばならない。自室や寝室から居間に行くまでに何分もかかるような大邸宅に住んでいるのではないわけだから(いえ、住んでらっしゃる人もいるのかもしれませんが)、ちょっとだけ居間まで足を運んでテレビをオンにして視聴すればいいだけの話。

 しかし、居間のテレビではなくて、自分のPCで録画番組を観られるとしたら? それはそれでなかなか快適なもの。今回はそんな自分専用のPCでBDレコーダーの録画番組を見る手段について解説する。

DTCP-IPストリーミング配信に対応した
クライアントアプリを用意する

 BDレコーダーに録画した使っているBDレコーダーが、「DTCP-IPストリーミング配信」機能を搭載していれば、そのBDに録画された番組を、PCやほかのテレビを使って視聴することができる。ただし、ストリーミング配信するBDレコーダーと受信するPCや他のテレビが同一LAN上にある必要がある。そして、PCでBDレコーダーに録画した番組を視聴するには、DTCP-IPに対応した専用のクライアントアプリが必要となる。代表的なものは以下のようなアプリだ。

○デジオン「DiXiM Digital TV plus

「DiXiM Digital TV plus」。シンプルなDTCP-IPクライアントアプリ。ダウンロード版5980円、パッケージ版7480円。ここではこのアプリを使って視聴方法を解説していく

○サイバーリンク「CyberLink softDMA2

「CyberLink softDMA2」。こちらもシンプルなDTCP-IPクライアントアプリ。ダウンロード版のみで4980円。前バージョンからのアップグレード版は2980円

○サイバーリンク「CyberLink PowerDVD 12

「CyberLink PowerDVD 12」。BDに対応したプレイヤーアプリだが、DTCP-IPクライアントとしても利用できる。3エディションあり、Ultraは1万1800円、Proは9500円、Standardは4980円(すべてダウンロード版)

 各アプリの詳細はリンク先を確認していただくこととして、今回はこれらの中から「DiXiM Digital TV plus」を使って、居間のBDレコーダーの動画をストリーミング再生する手順について解説していく。なお、著作権保護の関係から、DTCP-IPのストリーミング配信に対応するアプリは有料であることが一般的だ。多少の出費は覚悟しよう。また、各アプリとも期間限定の試用版が提供されているから、購入前には実際に利用できるかどうか確認しておくといいだろう。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン