このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

スマホ連携に強いクラウドサービス

達人に聞く! 私がSugarSyncを選ぶ理由

2011年01月28日 09時00分更新

文● 花岡貴子、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SugarSyncは、オンラインストレージに、パソコン上の好きなフォルダをバックアップできる、とても便利なクラウド型サービスだ。5GBまでは無料で、有料プランに契約すれば最大500GBの領域が使える。

花岡貴子さん。取材で日本各地を飛び回っている。最近では、パソコンのデータをモバイルで活用するオンラインスト―レージの便利さを実感しているという

 サービスに契約し、専用ソフト「SugarSync ファイルマネージャ」の初期設定さえ済ませれば、後は指定したフォルダに入っているファイルのコピーが自動的にインターネット上に蓄積されていく。とてもシンプルな仕組みだ。

 初心者でも扱いやすい操作感と、クラウド型サービスの特徴を生かした「共有」「同期」「一元化」という上級者のニーズも満たせるマニアックな使いこなしが可能だ。

 この記事では弊社刊行「シュガーシンク完全活用術」の著者であり、競馬評論家として全国を駆け回っているモバイルの達人・花岡貴子さんをナビゲーターに招き、直伝のノウハウを紹介していく。

 一人複数台のパソコンを使うのが当たり前の時代となり、スマートフォンも一般化しつつある現在。果たしてオンラインストレージはどんなメリットをユーザーにもたらしてくれるのか? そのヒントを示していこう!


悩み多きモバイル時代! オンラインストレージが救世主に?

 最近私は、すっかりパソコンを持ち歩かなくなりました。

スマートフォンの普及が進んでいる(写真はGALAXYS)

 外出先ではもっぱら「iPhone」や「GALAXYS」といったスマートフォンを利用しているからです。自宅には「母艦」というべきメインのパソコンがありますが、外出先でメールを読む、ウェブで簡単な調べ物をするといった用途であればスマートフォンでも十分です。

 ただし、ここで問題になってくるのが「データの持ち歩き」です。従来はUSBメモリーにデータを保存して持ち歩いたものですが、スマートフォン相手ではそういうわけにはいきません。かといって、外出するたびに、パソコンとスマートフォンを接続して、いちいちデータをコピーするのも面倒です。

 そこでぜひ利用したいのが「オンラインストレージ」です。インターネットでつながったクラウド上にデータを保存しておけば、それをさまざまな端末で利用できます。

 最近ではこうしたオンラインストレージのサービスが豊富になり、無料プランでも数GB、有料プランなら数百GBの保存領域を手に入れることだって可能です。

■関連サイト

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ