このページの本文へ

Thermalright「SilverArrow T8」

TDP 320W対応で全高160mm以下に抑えたCPUクーラー

2019年02月07日 23時52分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Thermalrightから、TDP 320Wまで対応するサイドフローCPUクーラー「SilverArrow T8」が発売された。Ryzen Threadripper専用の「SilverArrow TR4」をベースにしたモデルだ。

TDP 320Wまで対応するサイドフローCPUクーラー「SilverArrow T8」

 「SilverArrow TR4」をベースに高さを158mmに抑えた新作CPUクーラー。これにより搭載可能なPCケースの選択肢が広がった。

ヒートシンクはツインタワー設計。初回版には「TY-143」が1個追加で付属する

 6mm×8本のヒートパイプを組み合わせたヒートシンクはツインタワー設計で純銅使用のベース部分を搭載。140mmファン「TY-143B」(600~1800rpm/19~25dBA/33.98~90.96CFM)が標準で付属するほか、初回特典として「TY-143」が1個同梱される。

 本体サイズは103(W)×154(D)×158(H)mm、重量770g。対応ソケットはLGA 2066/2011-3/2011/1366/115x/775、Socket AM4。価格は9000円(税抜)。オリオスペック、ドスパラ秋葉原本店、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中