このページの本文へ

2000万貢いで風俗嬢に!ホストクラブと化すライブ配信サービスの闇

文● 岡田光雄(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

多くのライブ配信サービスに導入されている「投げ銭」システム。これに貢ぎすぎて破産状態の視聴者が急増しているという。その実態と理由について、ネットメディア評論家の落合正和氏に聞いた。(清談社 岡田光雄)

親の遺産を食いつぶし
1000万円貢いで風俗嬢に

ライブ配信サービスに導入されている「投げ銭」システムに貢ぎすぎる視聴者が続出しています。
投げ銭に熱中して破産状態に陥ったり、親に内緒で中学生が大金を稼いでいたり...負の側面も大きい一方、駆け出しの芸人にも稼ぐチャンスとなるなど、投げ銭には「人々の夢を叶える」側面もある(写真はイメージです) Photo:PIXTA

「大好きな男性配信者がいて、彼に1000万円以上投げ銭しました。ファンの中では2、3番目にお金を使っていたと思います。でも結局、生活ができなくなって、普通に飲みに行くお金すらなくなりました。仕方ないので今は風俗で働いています」(リンさん・仮名、28歳)

 今やスマホが1台あれば、誰でも生放送の配信や視聴ができる時代だ。そのため、ライブ配信サービスも乱立状態にある。

 ここまで市場が急拡大した背景には、「投げ銭」システムの普及がある。これは、視聴者が好きな配信者のためにアイテムを購入して放送内で使用すると、その売り上げの一部が配信者にも入る仕組みだ。

 しかし、この投げ銭システムを使って配信者に貢ぎすぎたせいで、破産寸前に陥るユーザーが急増しているのだ。

「ある40代の女性視聴者は、元ホストの雑談配信者に2000万円も使ったと話していました。亡くなった親の遺産を全部つぎ込み、一時期は生活保護も考えたとか。彼女はとにかく、サイト内の売上ランキングで彼を1位にしてあげるのが生きがいだったようです」(業界関係者)

 現在、投げ銭システムを導入しているライブ配信サービスは、「YouTube Live」「ツイキャス」「ふわっち」「SHOWROOM」「17 Live」「Live.me」と枚挙にいとまがない。今後は「ニコ生」でも投げ銭を本格導入(9月末時点では試験導入)していく予定だ。

暴走する配信者
女子中学生も利用

「2011年頃から普及し始めた投げ銭の文化は、よくキャバクラやホストビジネスに似ていると言われてきました。投げ銭にのめり込んでしまう人の心理としては、たくさんお金を使って『この配信者を(投げ銭ランキングの)ナンバーワンに育ててあげたい』という気持ちが働くのだと思います」(落合正和氏、以下同)

 投げ銭システムが、視聴者の自己顕示欲をあおるようにできていることも、水商売に通じる部分だ。ライブ配信サービスは、配信者に対して視聴者が文字で会話できるようになっている。だが、人気配信者の場合、視聴者のコメント量が多く、自分が打ち込んだコメントがスレッドの下のほうに流れてしまうため、配信者に読んでもらえない場合が多い。

 そこで投げ銭をすると、例えば自分のコメントが画面上の目立つ場所に表示され、配信者と会話しやすくなるのだ。言い換えればこれは、ホストやキャバクラで、他の客への“マウンティング”のために高額なシャンパンを入れる心理に近いものだろう。

 一方、投げ銭文化が浸透してきたことで、配信者側にも、水商売さながらの競争心理が働いている。

「SHOWROOMでは、視聴者が投げ銭を行っても、配信者が受け取れるマージンは一律ではなく、独自の算出方法でユーザーごとに評価ポイントを付与しています。これはつまり、その配信者のところにどれだけ人が集まったか、番組が盛り上がったかなどで、配信者の取り分が変わってくるからです。だからこそ、配信者はライバルの放送に負けじと番組を盛り上げようとするのです」

 そして、この承認欲求や競争心理がエスカレートすれば、なかには犯罪行為に走る配信者も出てくる。昨年7月にも、男性配信者が放送を盛り上げようと、「具合が悪い」と嘘の119番通報を何度もして、偽計業務妨害容疑で逮捕されたばかりだ。

 過激な放送や大金が飛び交うライブ配信サービスの中には、中高生といった低年齢層のユーザーが目立つところもある。

「親世代の多くはいまだに『投げ銭』の存在を知らず、気付いたときにはお子さんが大金をつぎ込んでいたという相談をよく受けます。あるいは、女子中学生が親に内緒で、放送で荒稼ぎしていたなんてケースも珍しくありません。今後は各社が年齢制限対策などを講じることも大切ですが、まずは親御さんたちが投げ銭システムへの理解を深めることが大切だと思います」

人に金を使う時代
SNS普及が投げ銭を生んだ

 ここまでは投げ銭システムのデメリットを中心に話を展開してきた。しかし、冒頭のケースのように、破産したり、風俗勤務をしたりしてまで配信者に貢ぐ視聴者が急増している原因が、すべて投げ銭にあるとするのも早計だ。

「承認欲求を得たいがために放送内容がどんどん過激になっていく例は、投げ銭が普及する以前からもありました。投げ銭によってその動きに拍車がかかった可能性も否定はできませんが、どちらかといえばこれはSNSの特性の問題かと思います。SNSで自分を売り込む人たちは、いいね!の数やフォロワー数などで競争し合い、ファンを獲得してきた歴史もありますからね」

 ライブ配信の歴史を振り返ると、2011年頃からすでに皇居のお堀に入浴剤を投入したり、部屋の中で花火に及んだりなど、過激な放送があったことは間違いない。つまり、投げ銭システム以前から、注目を集めたくて問題行動を起こす配信者は存在したのだ。

 一方、投げ銭システムにはメリットもある。

「近年はクラウドファンディングに代表されるように、物ではなく“人”にお金を使う時代といえます。それは配信者に対しても同じで、視聴者が達成できなかった夢を代わりに実現してもらうため、あるいは自分が憧れるような存在でいてもらうために投げ銭を行う人もいます。そうした支援によって、配信者の放送にもプロ意識が生まれ、活動資金を稼ぎながら自己実現を果たすこともできるのです」

 過去、駆け出しのミュージシャンやお笑い芸人などは、アルバイトなどをしながら一流を目指したが、限られた機会でしか自分を売り込むチャンスがなかった。だが、今は自力でメディアに露出し、生活するのに必要な金を稼ぐことができる時代なのだ。

 人々の夢をかなえる一方で、使い方を間違えば視聴者を破産させるなどのリスクもある投げ銭システム。このもろ刃の剣が、ユーザーに幸せをもたらすのか不幸をもたらすのかは結局、使う側の意識次第といえそうだ。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ