このページの本文へ

Wiko「Tommy3 Plus」は1万4800円でDSDV対応のSIMフリースマホ

2019年01月18日 11時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウイコウ・ジャパンは、SIMフリースマホ新製品「Tommy3 Plus」を1月末(予定)に発売する。価格は税抜1万4800円。価格からわかるようにエントリークラスの端末だが、3キャリアのVoLTE+DSDV対応で、さらにDSDVと同時にmicroSDが増設できるトリプルスロット仕様が長所と言える。

税抜約1.5万円というWikoの新エントリー機が登場

1万円台半ばのエントリースマホなのに
DSDV対応&トリプルスロット仕様

 仏・マルセイユに本拠を置き、西欧圏で強く、特にフランスではシェア2位というWiko(トップはサムスンで、Wiko、アップル、ファーウェイと続く)。日本国内では2017年2月に「Tommy」、同11月に「View」を発表したものの、2018年は新機種のリリースは無し(2月に“gooのスマホ”ブランドで「g08」が登場している)。国内第3弾とは言え、あらためての国内市場への取り組みという印象がある。

背面は取り外し可能なプラスチック製パネルなど、高級感があるようなタイプの製品ではないが、それでいてアカ抜けた感じを持っている
ディスプレー部分は標準的なフラットなタイプ。USB端子もmicroUSBだ

 エントリークラスだけにスペックは決して高くないが(MediaTek製クアッドコアCPU、2GBメモリー、16GBストレージなど)、縦長18:9の5.45型液晶(720×1440ドット)を搭載し、横幅は約71.3mmとポケットに入りやすいサイズに収まっているほか、前述のようにネットワーク面はなかなか強力で、この価格帯ではほかにないDSDV対応。VoLTEも3キャリアで利用できる(auとソフトバンクはキャリアのIoTをクリア)。なお、指紋センサーは搭載されていないが、顔認証でのロック解除は可能。

背面カバーの下には交換可能なバッテリーとトリプルスロットが。microSIM×2だが、nanoSIMを変換できるアダプターが付属する
このようにデュアルSIMデュアルVoLTE対応

 シンプルながらもポップでアカ抜けた印象のデザインも本機の特長で、取り外し可能な背面カバーで変わるカラバリは、ミラー/ブラック/ブリーン/チェリー・レッドの4色が用意されている。また、製品には保護フィルムとシリコン製カバーが標準で付属。Amazon.co.jpで展開されているダイレクトショップでは先着100名にフリップカバーがプレゼントされる。

カラバリは4色も基本的には背面カバーの違い
パッケージにはカバーやフィルムも付属。できれば出荷時に貼り付けておいてほしかったが。右写真はダイレクトショップ購入時に先着で貰えるフリップカバー

 通話主体のサブ端末などであれば、なかなか魅力的な本機。ミドルクラスやハイエンド機の日本市場への投入も計画しているとのことなので、パフォーマンスを求めるユーザーであれば、そちらを期待して待ちたいところだ。

独自UIやアプリなどはほとんどなく、素に近い状態のAndroidとなっている
Wiko「Tommy3 Plus」の主なスペック
ディスプレー 5.45型液晶(18:9)
画面解像度 720×1440ドット
サイズ 約71.3×147.6×8.6mm
重量 約150g
CPU MediaTek MT6738WW 1.5GHz(クアッドコア)
メモリー 2GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ microSDXC(最大128GB)
OS Android 8.1
対応バンド LTE:1/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/41
W-CDMA:1/2/5/6/8
4バンドGSM
DSDS ○(DSDV)
VoLTE ○(ドコモ、au、SB)
無線LAN IEEE802.11n(2.4GHz対応)
カメラ画素数 アウト:13メガ/イン:5メガ
バッテリー容量 2900mAh
生体認証 ○(顔)
SIM microSIM×2
USB端子 microUSB
カラバリ ミラー、ブラック、ブリーン、チェリー・レッド

メーカーからの連絡により、発売日の表記が変わっております。(1/18 14:00)


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン