このページの本文へ

サイバー犯罪者は闇フォーラムで攻撃方法を情報交換

仮想通貨マイニングマルウェアが71%増、マカフィー2018年第3四半期の脅威レポート

2019年01月16日 14時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マカフィーは1月16日、「2018年第3四半期の脅威レポート」を発表した。米マカフィーが2018年12月に発表したレポートで、最新のサイバー犯罪の戦術やターゲット、セキュリティー脅威を分析している。

 レポートによると、IoTデバイスを狙った新しいマルウェアは第3四半期だけで73%増加、通年で203%増加しており、仮想通貨マイニングマルウェアは71%増加するなど、とくにセキュリティーが脆弱なIoTデバイスを悪用している。

 スマホをターゲットとしたモバイルマルウェアは24%減少しているが、偽ゲームや偽出会い系アプリを悪用した犯罪は増加。また、サイトの閲覧履歴を公開するぞと脅すスパムも増加しているという。

 企業のセキュリティー脅威では、金融機関でのデータ漏洩が20%増加。攻撃手段が巧妙化しているほか、マカフィーではサイバー犯罪者の集まる闇フォーラムの存在を挙げ、既知の脆弱性や企業のデータ漏洩といった攻撃に利用される情報を交換していることに注目している。

カテゴリートップへ

悩める一児の親が子どもと一緒にスマホ管理に挑戦! 「セーフ ファミリー」体験記

マカフィーバナー せきゅラボ研究結果

マカフィー リブセーフって何ができるの?


マカフィーバナー スマホとPCをサイバー攻撃から守る術

マカフィーバナー セキュリティ被害はあなたの半径1m以内でも起きる

「ドコモ あんしんナンバー チェック」のサービス提供対象やご利用方法などの詳細はNTTドコモのウェブサイトをご覧ください。

スマートフォンから PCなどから