このページの本文へ

吉田沙保里を最強女王にしたのは父・栄勝さんの「別れの決断」

文● 小林信也(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
吉田沙保里
吉田沙保里さんが最強女王になれたのは、父・栄勝さんの「決断」によるところも大きかったかもしれません 写真:アフロスポーツ

 女子レスリングの吉田沙保里さんが10日、都内で記者会見を開き、正式に現役引退を発表した。会見での清々しい受け答えが、改めて日本中に感銘を与えた。中でも、父・栄勝さんへの変わらない信頼と尊敬に深く感じ入った人たちが多かったのではないか。私も沙保里さんと同世代の娘を持つ父親のひとりとして、「これだけ娘に愛されたら、父親冥利に尽きるだろう」という到底かなわない現実を思いながら、父・栄勝さんに改めて脱帽した。

 引退の決断を真っ先に伝えた母・幸代さんとは「姉妹のような母子」と形容した。羨ましいほど情の通い合った親子関係は、レスリングに打ち込む日常から築き上げられた。

 3歳から徹底して沙保里さんに「攻めのレスリング」を指導し続けた栄勝さんが、「霊長類最強女子」とまで謳われる「吉田沙保里選手」を育てた最初の指導者であることは言うまでもない。だが、案外光が当たっていないが、父・栄勝さんがコーチとして沙保里さんに与えた最大のギフトは、「別れ」だったと、私は取材を通して強く感じる。

18歳の吉田沙保里に立ちはだかった
「山本聖子」という大きな壁

 すでに他の追随を許さない最強伝説を打ち立てた吉田沙保里さんが、「世界の沙保里」になる前の姿を想像するのは難しいが、18歳のころ、吉田沙保里は高い壁の前に立ちすくむ少女だった。どちらの道を選択するかで、「けっこう強い女子高生がいたよね」と、後に「消えた天才」と呼ばれる進路をたどる可能性も大いにあった。

 高校生の中では世界にも敵がいなかった。世界カデット選手権に2連覇している。18歳で世界ジュニアでも優勝。だが、見上げれば世界王者の山本聖子さんがいた(現ダルビッシュ有夫人)。吉田沙保里は2歳上の山本聖子に初対戦から4連敗を喫する。

 女子レスリングが初めて正式競技となった2004年アテネ五輪への階段となる2003年全日本選手権女子53キロ級決勝は「天下分け目の決戦」だった。山本聖子か、吉田沙保里か。どちらが勝つか、まったく予想ができない。実績から言えば、山本聖子有利と見る関係者が多かったかもしれない。しかも、吉田沙保里は直前に膝を痛めていた。それでも吉田沙保里は勝った。そのセコンドに、栄勝さんはもういなかった。

 そしてアテネへの最後の戦いとなった翌2月のジャパンクイーンズカップ。決勝前日、吉田沙保里は減量の影響による熱中症で39度もの熱に苦しむ。点滴などで懸命の処置をしたものの当日37.5度の熱があった。最悪の体調だったが、勝利の女神は吉田沙保里に微笑んだ。この瞬間、山本聖子は「オリンピックに一度も出場できなかった世界王者」となり、女子レスリングを象徴し牽引するレジェンドの使命を託されたのが吉田沙保里となった。

栄和人前監督が語る
父・栄勝さんとの「別れ」の意味

 栄勝さんが決断した「別れ」とは、吉田沙保里が世界ジュニアに優勝した18歳のころの話だ。地元の高校に通いながら父のレスリング道場で父の指導を受ける日々。大学に進んでも、そのまま父・栄勝さんが直接指導するのだろうと周囲の大半は見ていただろう。ところが、栄勝さんはひそかに、1つの決断をしていたのだ。

 至学館大の栄和人前監督が話してくれた。

「私が沙保里と最初に会ったのは、沙保里が高校2年のときの海外遠征でした。お父さんが監督で、私がコーチという立場でした。それから1年後、高校3年になったある日、栄勝さんから『大学はお前に任せる』と言われたのです。ビックリしました」

 スポーツ界では、親離れの必要が常識的に語られている。親が育てた選手でも、ある時期からは「他人の飯を食わせたほうがいい」。だが、まだ歴史の浅い女子レスリング。しかも指導者として実績が認められている栄勝さんの立場なら、「自分が引き続き指導する」と言い張っても、おそらく反対されなかっただろう。ところが、栄勝さんは娘の将来を至学館大学(当時は中京女子大)、そして栄監督に託した。

 吉田沙保里が山本聖子を破ってアテネ五輪の代表を決めたのは大学3年のとき。それは、栄勝さんが他の指導者(栄和人膳監督)に託したことで開かれた運命と言えるのではないだろうか。

 栄さんが振り返る。

「入学した当初、沙保里はちょっと厳しい練習をするとすぐ風邪をひいたり、熱を出したり、扁桃腺を腫らすんです。おかしいなあと思って谷岡学長に相談したら、血液検査を受けさせた方がいいと助言されたので、調べてみたんです。そしたらヘモグロビンの数値がすごく低かった。貧血気味なんです。理由を探ってみると、沙保里はすごく食が細くて、お菓子ばっかり食べていた。幼いころから練習が始まるまでの間、お菓子を食べるのが習慣だったらしいのです。それで食事を変えるところから始めました。朝起きたらバナナやパンを食べさせて、朝練習の後しっかり朝食を取る。1日5食にするなどして、体質から改善して強くなったのです」

 栄勝さんは、沙保里さんが可愛くて可愛くて仕方がなかった。道場では厳しいが、自宅でも締め付けたら逃げ場がないと考え、食生活まで厳しく規制はしなかった。道場でも兄には厳しいが、沙保里さんには「2割叱責、8割褒める」だったというから、栄勝さん自身、娘に冷徹になり切れない弱さを自覚していたのかもしれない。

 同時に、日本のスポーツ界が科学的な方向に加速する流れの中、古い時代の指導者である自分の手元から離したほうが、五輪金メダルへの実現性が高いと判断したのだろうか。それは容易にできる決断ではない。だが、その決断があってこそ、霊長類最強伝説は誕生した。

レスリングの枠を超えて
吉田沙保里は活躍し続ける

 吉田沙保里が大学に入学したその日の逸話を、谷岡郁子学長が教えてくれた。

「沙保里の入学式の日、式典が終わった直後、『世界チャンピオンに挑戦したい子はいませんか!』とアナウンスしたのです。ちょうど小原日登美(旧姓坂本)が世界選手権で優勝していました。レスリング部だけでなく、全新入生が取り囲む輪の真中にマットをセットして、みんなで応援するという舞台設定でした。

 すると、すぐに『ハイ!』と爽やかに手を挙げた子がいた。私はビックリしました。物怖じしない。出てきてブレザーを脱ぐと、下にレスリングのユニフォームを着ていた。そして、みんなが見ている前で、世界チャンピオンに簡単に転がされた。私は『すごい新人が入って来た』と思いました。でもそれが吉田沙保里だとは知らなかったし、しばらく忘れていました。

 4年後、卒業式後の謝恩会で、そう言えばと思い出して、『あれって沙保里だったの?』と聞くと、『へへへー』と沙保里が笑っていました。私が最初に見た吉田沙保里は、何度も小原日登美に転がされながらハツラツと立ち向かう姿だったのです」

 至学館大は、そのように自由で明るい、常識を超えた感性にあふれる環境だ。記者会見でメディアは「指導者の道は?」「東京五輪のセコンドにつきますか?」など、レスリングにまた繋ぎ止める発想で今後の進路を想定しているようだった。新聞には「強化本部長就任か」といった推測も出た。だが、それは吉田自身が決めることではない。また、吉田沙保里は、そのような従来の枠組に収まる器ではない。至学館大の職員でありコーチという立場は、吉田沙保里をそこに束縛するのではなく、道場を基盤にしながら、どこへでも自由に新しいチャレンジができる、それが許される環境だ。

 谷岡学長はこうも言った。

「若者たちが、明日を『明るい日』と思えない時代が続いています。そんな希望のない日本の社会にあって、笑顔で引退会見をしてくれた沙保里には本当に感謝していますし、尊敬します。吉田沙保里はレスリングのチャンピオンに留まらず、日本を代表する若者です。どの道を通っても沙保里は沙保里。しばらくはたくさん迷子になればいいと思っています」

「別れ」の決断をした父・栄勝さん。その思いを汲んで吉田沙保里を懸命に支えた大人たちに恵まれて、吉田沙保里は自分の道を探し、自分らしさを膨らませてきた。新たな人生の旅が始まる。「霊長類最強女子」が、一体どんな次の人生を切り開くのか、東京五輪出場を目指す以上の楽しみが膨らんだと私は感じている。

(作家・スポーツライター 小林信也)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ