このページの本文へ

日テレ番組が大炎上!「やらせ」と「演出」の境界線はどこか

文● 沼澤典史(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」のやらせ疑惑が話題になっている。テレビにおける「やらせ」と「演出」のボーダーは、常にグレーゾーンとして扱われてきた。「やらせ」と「演出」の境界線はどこにあるのか、そして視聴者はテレビとどう接するべきなのか。お笑い評論家のラリー遠田氏に聞いた。(清談社 沼澤典史)

「やらせ」と「演出」の認識
テレビ制作の実態

文春砲でやらせを報じられた日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」
文春砲でやらせがあったと報じられた『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ)。果たしてBPOの判断は...?

 昨年11月、「週刊文春」が、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」において“やらせ”があったと報じた一件は、いまだに沈静化していない。

 日本テレビ側は「過去に放送した番組についても調査を進めている」としBPO(放送倫理・番組向上機構)への報告を明言しているが、BPOの判断次第では、番組打ち切りもあり得るという状況だ。

 テレビにおける「やらせ」は以前から何度となく議論されてきた問題だ。「やらせ」と「演出の範囲内」という曖昧な境界線が、番組の命取りになったこともある。

 ただし、ラリー遠田氏によれば、この「やらせ」と「演出」の認識は、一般人と業界人の間ではかなり異なっている部分があるという。

「一般的に『0から1』のように、何もないところから作ってしまうのが『やらせ』。『1から2、3』とすでにある素材をどう料理するかが『演出』と認識されています。しかし、業界人の認識では『演出』と呼ばれるものが、一般の人からみれば『やらせ』とも取れるケースが多々あります」(ラリー遠田氏、以下同)

「たとえば一般人に対するインタビューでは、言い方がよくない、使えないという理由で、もう1回コメントをもらうようなケースは業界において日常茶飯事です。業界にとっては『演出』の常識的な範囲内ですが、一般の人は『やらせ』と受け取るかもしれません」

 テレビの業界人にとっても一般人にとっても「0から1」は「やらせ」という認識は共通だが、「1から2」を「やらせ」とするか「演出」とするかは、ケース・バイ・ケースで認識が異なるということのようだ。

やらせはテレビ業界の構造的な問題
テレビ局の変わらぬ意識

 テレビは「やらせ」との歴史だと言っても過言ではない。記憶に新しいところでは、釣り糸を猿の首に巻き付けてラジコンカーで猿を引っ張り、猿が追いかけているように見せる細工をしたフジテレビ「ほこ×たて」。納豆ダイエットについてのデータや証言の捏造が発覚した関西テレビ「発掘!あるある大辞典2」などの例があった。

 定期的に発覚するテレビ局によるやらせだが、懲りないテレビの実態をラリー氏はこう語る。

「やらせが発生する原因はテレビの構造的な問題にあります。ひとつは番組において放送日までのスケジュールが非常に短く、かつ作業量も膨大なこと。もうひとつはテレビ局員と下請け制作会社の給料と待遇の格差です。下請けは低い給料ですが、求められる仕事の質は、高給取りの局員と同じ。結果を出さなければ契約を切られるので、みんな躍起になって求められるものを作ろうとします。プレッシャーとタイトなスケジュールが合わさって、やらせの一線を越えてしまうのかもしれません」

「やらせ」が発生するのはテレビの構造的な問題だと指摘するラリー氏。さらに、テレビ局の「やらせ」への対応や意識も変わっていないという。

「テレビ局側もアウトとセーフの基準は昔より厳しくしていると思います。しかし、根本的な意識は変わっていません。今回の『イッテQ!』の初期対応も謝罪や説明のないもので、『どこもこれくらいはやっている』という本音が透けて見えるものでした。『ほこ×たて』や『あるある大辞典』からテレビ局の対応は変わっていません。業界全体での『やらせ』に対する危機感の薄さと慢心は否めないですね」

 では、テレビを見続けてきた視聴者側に変化はあるのだろうか。

「視聴者の意識は、今も昔もそこまで変わっていないと思います。ただ昔はテレビは垂れ流しで、放送が終わったらもう見られなかった。しかし時代と共に録画機能やビデオ、DVD、YouTubeや見逃し配信で繰り返し見られるようになり、内容を細かく検証できるようになりました。昔は見逃されていた怪しい部分が、今の視聴者にはスルーしてもらえなくなっています。視聴者よりも環境の変化がテレビにとって大きいと思います」

 そんなハード面の環境の変化と近年のコンプライアンスの厳しさも相まって、かつての「電波少年」のような過激な演出のテレビは息をひそめている。

曖昧な境界線を定めることは可能か?
関係者と視聴者に求められるもの

 変わりゆく時代のなかで、テレビ局側も許容範囲を模索し続けているが、「やらせ」と「演出」の境界線はどこに定めるべきなのだろうか。

「具体的な基準を定めることは永遠にできないと思います。ただ言えるのは、取材対象者と視聴者との信頼関係次第で『やらせ』か否かが決まると思います。たとえば街ブラの番組で、実はお店を仕込んでいるということはよくあります。その場合、番組スタッフの対応が悪くて不信感を持たれると、バラされて問題になってしまう。でも、信頼関係があればお店側も積極的に演者となって番組は成立するのです」

 もうひとつは視聴者と番組の信頼関係だという。「イッテQ!」は、これまで視聴者を存分に楽しませてきた歴史があるため、番組自体が視聴者に認められている。「面白かったのだから」と、「イッテQ!」を養護する声も多いのだ。

「要は制作者、取材対象者、視聴者の信頼関係の問題です。それ次第で曖昧なやらせのゾーンは変動します。そこを見極めることも、これからのテレビマンには求められます」

 現在は昔と比べて確実に「演出」に対する目が厳しくなっているが、その一方で、「だからテレビがつまらなくなる」という声も上がっている。そうであるなら、我々視聴者はどのようにテレビを見れば良いのか。

「視聴者に『やらせか演出か』というテレビの『怪しさ』をも面白がる姿勢があったら、もっと能動的にテレビを楽しめると思います。テレビの面白さは『やらせスレスレの過剰な演出』だけではありません。視聴者自身が、積極的に面白さを見つけていけば、テレビのレベルは上がっていくでしょう」

 ネット配信の隆盛などでテレビを取り巻く環境は目まぐるしく変わっている。テレビ関係者と同様に、視聴者もテレビへの接し方を考える時なのかもしれない。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ