このページの本文へ

ニトリ平均給与459万円でトップ 販売系職種の年収ランキング

2019年01月08日 17時40分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グローバルウェイは1月8日、「販売系職種の年収が高い企業ランキング」を発表。キャリコネユーザーによる投稿をもとに、販売系職種の平均年収が高い企業をまとめたもの。

 1位:ニトリ(平均年収459万円)
 2位:サンドラッグ(平均年収416万円)
 3位:スギ薬局(平均年収402万円)
 3位:ヨドバシカメラ(平均年収402万円)
 5位:ヤマダ電機(平均年収366万円)
 6位:パル(平均年収362万円)
 6位:日本マクドナルド(平均年収362万円)
 8位:セブン‐イレブン・ジャパン(平均年収355万円)
 9位:イオンリテール(平均年収353万円)
 10位:ジンズ(平均年収347万円)

 1位のニトリは、店長やフロアマネジャーなどが活躍。社員からは「年収は評価にもよりますが比較的良いほうだと思います。年2回の賞与の他に決算手当があるのがうれしいです。残業代も変動給の社員は満額出ます」(店長/30代前半男性/年収550万円/2012年度)などの声が届いている。

 2位のサンドラッグは、店舗運営責任者やスーパーバイザー、バイヤー、ビューティーアドバイザーなどが勤務。社員からは「残業代はしっかり出ます。報酬についてあまり不安はありませんでした。拘束される時間は長いですが、ボーナスもしっかりと出ました。なので、給与面での不満はない。休日出勤もほとんどありません」(店長/20代後半女性/年収370万円/2016年度)などの声がある。

 

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ