このページの本文へ

「グラフィックデザインコース」と「HTML・CSSデザインコース」を用意

N予備校、「Webデザインコース」を一般向けに提供 特別授業を実施

2019年01月07日 19時30分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 学校法人角川ドワンゴ学園「N高等学校」は1月7日、オンライン学習プラットフォーム「N予備校」にて、1月から「Webデザインコース」を一般向けに提供を開始した。

「Webデザインコース」 授業の様子

 N予備校はオンライン生配信による双方向型の授業を特徴とした学習プラットフォーム。新たに追加された「Webデザインコース」では、「グラフィックデザインコース」と「HTML・CSSデザインコース」を一般向けに提供。ウェブサイト制作の基礎はもちろん、ウェブデザイナーとして就職するための授業をいつでもどこでも受講できるという。

グラフィックデザインコース担当講師 イシジマミキ氏HTML・CSSデザインコース担当講師 小島芳樹氏

 グラフィックデザインコースとHTML・CSSデザインコースは、ともに隔週火曜日の19時から20時30分に実施する。月額は1000円(税別)で、「プログラミングコース」「大学受験コース」「中学復習講座」なども受講可能とのこと。なお、iTunes Store決済の場合は1300円(税別)。詳しくはこちらから。

 Webデザインコースの一般公開を記念して、特別授業「N予備校 Webデザイン授業『カスタムキャスト 恋みくじ 〜あなたの運命の美少女は?〜』」も実施。おみくじ機能を実装した動くウェブアプリの制作をするという。VTuberの3Dアバターを製作・配信できるスマホアプリ「カスタムキャスト」を使用するとのこと。本授業はニコニコ生放送とN予備校にて生放送される。放送日時は1月14日の19時から22時30分まで。

カテゴリートップへ

ピックアップ