このページの本文へ

2019年上半期の転職は好調続く、金融はやや減少か

2019年01月07日 19時10分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 パーソルキャリアが運営する「doda(デューダ)」は1月7日、「転職市場予測 2019上半期」を発表した。

 doda編集長の大浦征也氏によると、求人の増加幅はやや落ち着くが、求人ニーズは高いまま推移するという。1月~3月は個人の転職活動・企業の採用活動が活発になり、1年でもっとも採用マーケットが活況に。4月以降も求人が豊富な状況は続き、新入社員の配属で増加した人員に対応するアシスタントの求人や、2020年卒の新卒採用の前に中途採用を完了させたいと考える企業の求人が増加するとのこと。

 全14分野のうち求人数は営業、人事、経理、法務の4分野が「増加」、企画・マーケティング、クリエイティブ、IT・通信、電気・機械、販売・サービスの5分野は「緩やかに増加」、化学・素材、建築・土木、メディカル、事務・アシスタントの4分野は「ほぼ変わらない」、金融のみ「やや減少」とのこと。

 

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ