このページの本文へ

太陽光や風力、バイオマスなどの再生可能エネルギー100%で稼働

KCCS、ゼロエミッション・データセンターを北海道石狩市に開業

2019年01月07日 16時30分更新

文● 市川

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は1月7日、北海道石狩市にゼロエミッション・データセンターを開業すると発表。4月から着工し、2021年中に稼働開始予定としている。

電力供給イメージ

 ゼロエミッション・データセンターは、自営線を通して発電所から直接供給される再生可能エネルギー(太陽光、風力、バイオマスなど)で稼働する。石狩市の特性を生かして、夏場は冬に貯めた雪でサーバーを冷却する雪氷冷房を備えているという。太陽光、風力、バイオマス発電と順次連携を図り、2022年に再生可能エネルギー100%で稼働する計画とのこと。

 再生可能エネルギー利用の可能性を実証するとともに、雇用を含めた地域再生への貢献、再生エネルギー関連事業として2024年に300億円の売り上げを目指すとしている。

カテゴリートップへ

ピックアップ