このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

今VTuberデビューするにはRyzen 5搭載PCがコスパが良く快適!

2019年01月16日 11時00分更新

文● ジャイアン鈴木 編集●ジサトラ ハッチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 バーチャルキャラクターとなってVR空間でビデオ生配信を行なう「VTuber」は流行語になるほど親しみ深い存在となっています。仮想のキャラクターになりきり、別人のように自分の好きなことを発信できるということで、そんなVTuberを見るだけでなく、なる人も増え、ユーザーローカル調べで6000人を超えたとのこと。

 そんなVTuberになるためのアプリは、スマホで手軽に行なえるモノも増えてきているが、スマホ用アプリではシンプルな動きしか再現できないなどの制限もある。そんな中、もっと自分の動きを細かく反映し、よりリアルにVTuberとして配信したいという人には、VIVEとVIVEトラッカーを使う方法がオススメだ。

 しかし、そうしたVIVEを使ったVTuberデビューには、20万円以上の、とても高価なゲーミングパソコンが必要では? と思っている人も多いはず。VR用のPCというと、ビデオカードはGeForce GTX 1060以上が必要ですが、最近ではGeForceはRTX 20シリーズの登場により、GTX 10シリーズが市場から消え始めています。

 また、RTX 20シリーズは、高い性能を誇りますが、まだまだ高価。そこで今回は今年11月に発売されたばかりで、ゲームによってはGTX 1060よりも高いコスパを誇る「Radeon RX 590」をベースに、VTuberを始めるにあたって十分な性能を備えるデスクトップPCを、比較的手ごろな予算で提案したいと思います。目指せ、VTuber!

今回の記事のために借用したパーツ。ディスプレーとVRデバイスは別予算としています

VTuber向け自作PCの予算は11万円台!

 VTuber向けPCを自作するために、今回各メーカーから借用したのが下記のパーツです。ディスプレーとVRデバイスは別予算としましたが、ディスプレーは1万円前後、VRデバイスはHTCの「VIVE」なら直販価格6万9390円で購入できます。今回選んだパーツを秋葉原でそろえた場合の合計金額は、約11万2700円前後なので、すべて合わせても18万円台でVTuber用の機材がそろうわけです。

VTuber向け自作PCパーツ一覧
CPU AMD「Ryzen 5 2600」 2万3000円前後
CPUクーラー AMD「Wraith Stealth」 0円(CPUに同梱)
マザーボード MSI「B450 GAMING PLUS」 1万100円前後
メモリー CORSAIR「CMK8GX4M2A2400C14」 9200円前後
SSD Cruicial「CT500MX500SSD1/JP」 8000円前後
GPU ASRock「Phantom Gaming X Radeon RX590 8G OC」 3万5000円前後
電源 ANTEC「NeoECO Gold NE550G」 7000円前後
PCケース Thermaltake「Versa H26」 4000円前後
OS Microsoft「Windows 10 Home 64bit 日本語 DSP版」 1万6400円(パーツと同時購入)
合計   11万2700円前後

※12月30日調べ

前へ 1 2 3 4 次へ