このページの本文へ

15.6型「LEVEL-15FX090-i5-LXSX」はCPUだけでなくメモリーやストレージ増設も楽々

ゲーミングノートPCのCPU換装に挑戦、デスク向けCPU搭載モデルで簡単!

2018年12月28日 11時00分更新

文● 林 佑樹(@necamax) 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ノートなので友人宅に持ち運べる
インターフェース豊富でキャプチャーデバイスやゲーミングデバイスを複数接続可能

 LEVEL-15FX090-i5-LXSXは、15.6型(1920×1080ドット、ノングレア)を搭載するノートパソコン。サイズは、およそ幅378×奥行252×高さ36mmで、重さは約2.36kgと、大型だが持ち運べない重量ではないので、基本的には自室やリビングで使用し、ときどき友人宅に持っていくといった運用を想定するといいだろう。

ディスプレーは、スタンダードなフルHD対応の15.6型。ノングレアなので、映り込みが少なく目が疲れにくい

 LEVEL-15FX090-i5-LXSXの主なスペックは、Core i5-8400(6コア/6スレッド、定格2.8GHz)、GeForce GTX 1050 Ti(4GB GDDR5)、8GBメモリー(DDR4-2400)、500GB SSD(M.2接続/NVMe対応)など。吸気と排気はゲーミングノートパソコンとしては比較的大型となっている。吸気は底面、排気は背面と左側面。ゲーミングノートは性能が高い分放熱が重要となるため、LEVEL-15FX090-i5-LXSX周辺にモノを置かないように設置することをオススメする。

排気口の周辺にはなるべく物を置かないようにしよう

 インターフェースは両側面に用意されている。左側面にはUSB 3.1端子(Type-A×2、Type-C×1)、HDMI端子×1、Mini-DisplayPortがあり、右側面にUSB 2.0端子×1、マイク入力、ヘッドフォン出力端子、有線LAN端子、SDXCカードスロットを配置する。USB端子は豊富なため、ゲーミングマウスだけではなく、キャプチャーデバイスを取り付けても余裕アリだ。通信規格は、有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0と標準的だ。

左側面にはUSB 3.1端子(Type-A×2、Type-C×1)、HDMI端子×1、Mini-DisplayPortを配置
右側面にUSB 2.0端子×1、マイク入力、ヘッドフォン出力端子、有線LAN端子、SDXCカードスロットを備える

 キーボードは、フルサイズキーボード+テンキーで、アイソレーションタイプとなっている。キーピッチは約18mm、キーストローク約1.5mmとスタンダードなもので、タッチパッドの面積も広い。際立った部分はないが、ソツなく使えてあつかいやすい部類に入る。ゲームプレー時に本格的なゲーミングキーボードがいいという人は、USBポートが豊富であるため、接続して遊ぶといいだろう。

キーボードは標準的で、あつかいやすい。なお、LEDバックライトも内蔵している