このページの本文へ

サーバーラックスペースや電源を1年間無償提供

スタートアップのデータセンター利用を支援「スタートアップ企業支援プログラム」

2018年12月20日 17時50分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ビジネスを繋ぐ場としてのポータル「AT TOKYO BusinessPortal」

 アット東京は12月20日、スタートアップ企業のデータセンター利用を支援する「スタートアップ企業支援プログラム」の提供を開始した。

 データセンター利用環境とともにビジネスチャンスの拡大をサポートするもので、事業開始当初のデータセンター設備投資コスト負担の軽減に加え、アット東京の各種クラウドをはじめとしたネットワーク接続性に優れた高品質なデータセンター環境や、データセンター利用者がつながりあうビジネスコミュニティ「AT TOKYO BusinessPortal(アット東京ビジネスポータル)」を最長12ヵ月間無償で利用できる。

 基本サービスとして、最大1ラックのラックスペースと最大3kVAまでの電源利用環境を提供。オプションとして100Mインターネット回線(ベストエフォート、固定IP1、1回線)とクラウド接続サービス(プレミアムコネクトまたはATBeX 1回線)が利用できる。運用サービス(リモートハンズ、 30分/回、月3回まで)。

「スタートアップ企業支援プログラム」利用例

 スタートアップ企業支援プログラムには参加条件がある(要問合せ)、クラウドサービス側で必要となる各種利用料金は参加企業側の負担となる。

カテゴリートップへ

ピックアップ