このページの本文へ

あなたは買う? ローソン500円コーヒーが物議を醸す

2018年12月11日 18時00分更新

文● ナベコ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ローソンは、全国のローソンマチカフェ展開店舗で「ティピカ スペシャルリザーブ パナマ・ベルリナ農園」を12月11日に発売しました。500円。

 マチカフェのシングルオリジンシリーズとして、パナマの名門コーヒー農園の、希少豆のコーヒーが登場です。

樹齢100年以上のティピカ種の木から収穫されたコーヒー豆。

 中南米パナマ共和国、ボケテ渓谷の高地にある、100年以上の歴史をもつ「ベルリナ農園」。そこで栽培した、樹齢100年以上のティピカ種の木から収穫したコーヒー豆。

 通常、コーヒーの木の寿命は30年~40年のため、樹齢100年以上の木は非常に希少だとか。ローソンでは、同コーヒー豆の生産量が年間2.7tあるうちの約1tを確保。500円という価格で全国的に展開します。

500円コーヒーは高い?

 ローソンの通常のコーヒーはSサイズ100円。それに対して「ティピカ スペシャルリザーブ パナマ・ベルリナ農園」は500円と、5倍の値段。価格だけみるとなかなか高額です。

 SNSでは、「500円ならスターバックスに行く」「自分が飲むのは100円のコーヒーで大丈夫」といった価格の面での否定的な見方や、「希少種だからおいしいとは限らない」「抽出方法にも左右される」といった、話題性に対して味が伴っているか懐疑的という見方もあります。

 一方で「希少な豆のコーヒーがコンビニで飲めるのはスゴイ」「コーヒー好きにとってはうれしい商品」といった肯定的な意見もあり、物議を醸しています。

ちょっと個性的でリッチな味

飲んでみました!

 実際、味はどうでしょう? 記者がさっそく飲んでみました。口に含んだ瞬間、スモーキーで酸味もあり、パンチがありました。ローソンの通常のコーヒーとは違うな、というのが明確。最初のインパクトこそ強いですが、一瞬おいてからなめらかな風味となり、苦みが柔らかく、後味の余韻はほのか。

 全体としては、豊かな香りがしてリッチ感があり、かつ飲みやすかったです。ローソンのからあげクンとあわせて飲んだのですが、揚げ物とも相性がいいと感じました!

最初はパンチがあるけど、一瞬おいてからはなめらかな飲み口で、飲みやすかったです。

あなたは買いたい?

 確かに500円は高いですが、ふだんのコーヒーより記憶に残りました。私は、毎日は買えないけど、休日などにゆったりした時間を過ごしたい時に買うのは、なくはないと思いました。おそらく、立地にも左右されると思われ、近くに他のカフェがない時は、優先度が高まりそうです。

 なお、ローソンではこれまでにも、シングルオリジンシリーズとして希少なコーヒーを提供しています。2018年2月には、高級豆として知られる「パナマゲイシャ」のシングルオリジン「マチカフェ シングルオリジン パナマ ベイビーゲイシャ」を500円で発売。最近だと10月16日から「マチカフェ シングルオリジンシリーズ ブルーマウンテンNo.1」を数量限定で、こちらも500円で販売しています。

数量限定の「マチカフェ シングルオリジンシリーズ ブルーマウンテンNo.1」も12月11日現在、私が行った店舗では発売中でした。

 100円、500円と幅があるのは、買う側としては選択肢が増えて悪いことではない、というのは言えそうですが、どうでしょう。

個人的には、100円と500円って差が大きいので、300円くらいのちょっとだけ高級なコーヒーがあってもいいのでは、と思いました。

■関連サイト

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

カテゴリートップへ

ピックアップ
もぐもぐ動画配信中!
アスキーグルメ 最新連載・特集一覧