このページの本文へ

Google、メッセージングアプリ Allo の提供を終了

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2018年12月07日 09時48分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Google、メッセージングアプリ Allo の提供を終了

米Google は2018年12月5日、同社のコミュニケーションツールの方針について公式ブログに記事を公開した。

2016年に公開されたアプリ Allo は最初に Google Assistant を搭載した。検索機能やアシスタント機能を搭載することで他社の類似アプリとの差別化を図り、チャットUIを通じてアシスタントにお願いして地域情報の検索やお店の予約、天気やスポーツ試合結果の取得などを可能としていた。しかしユーザーの支持は得られる利用は低迷していたようだ。同社によると Allo は2019年3月までサポートされ、ユーザーはメッセージ履歴をダウンロードできるという。一部の機能は Android端末搭載のメッセージングアプリに統合される。Hangouts は先日一部のメディアが報道していた通り終了するが、エンタープライズ向けのツールとして引き続き開発はけいぞくされる。

2005年に登場した Google Talk 以後、同社は長くメッセージング関連製品において苦戦している。しかし同領域をあきらめたわけではなく、引き続き同領域に投資していくとしている。


The latest on Messages, Allo, Duo and Hangouts
https://www.blog.google/products/messages/latest-messages-allo-duo-and-hangouts/

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング