このページの本文へ

脳波、筋肉、音声—— 150年使い続けた入力装置 「キーボード」を捨てる日

Rachel Metz

2018年12月06日 06時34分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

コンピューティングは進化し続けているが、入力装置としてのキーボードは150年間変わっていない。キーボードがいまも優れた道具だからだ。だが、携帯電話の出現でキーボードは変容を始め、脳内の考えを読み取ったり、筋肉のわずかな動きで入力したりする装置も現れた。「キーボードを使わない日」はやってくるのだろうか?

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ