このページの本文へ

児童書がエロい!?「萌え絵」本は教育に悪影響を及ぼすのか

2018年12月06日 06時00分更新

文● まつい きみこ(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

子どもの絵本がだんだんエロくなってきた──。河出書房新社の『せかいめいさくアニメえほん』シリーズで『にんぎょひめ』や『シンデレラ』といった姫系絵本が「萌え過ぎ!?」と、2013年の発行当時から話題になっていたが、最近また子どもの本の「萌え絵」論争が再燃している。一体、何が起こっているのか?

加速する児童書の「萌え絵」化は
古典名作の世界観を壊すのか

萌え絵化する児童書を巡って論争が起きています。
「萌え絵」の児童書に眉をひそめる大人も多いが、子どもを引きつけるパワーは抜群。この現実をどう考えるべきだろうか?(写真はイメージです)

「萌え絵」論争への導火線は、2017年から角川つばさ文庫が出した『新訳ナルニア国物語』シリーズだった。

『ナルニア国物語』といえば1950年から1956年にかけてC・S・ルイスが書き上げた名作だ。邦訳は1966年に岩波書店から瀬田貞二の訳で発行され、日本で50年以上読み継がれている。

 この『ナルニア国物語』の原書が著作権切れになり、他出版社から新訳が出るようになった。実は2016年にも、光文社の古典新訳文庫から新しいイラストの『新訳ナルニア国』シリーズが出ている。だが、萌えを全面的に表紙に出した角川つばさ文庫の大変身はインパクトが強烈で、最近増えている児童書の「萌え絵」化、特に古典名作との違和感を訴える往年のファンの間では、子どもに悪影響を与えるという論争にまで発展した。

「萌え絵」化することで、物語の持つ世界観が崩れ、著者のメッセージが伝わらず、結果として子どもたちの感受性や想像力が育たないというのが、「悪影響派」の言い分である。

 角川つばさ文庫は、マンガ的なイラストが人気の児童書シリーズで2009年から刊行が始まったKADOKAWAの児童文庫レーベルだ。古典作品も大胆に萌え絵に進化させ、『新訳ふしぎの国のアリス』など『新訳アリス』シリーズは累計52万部(2018年)のヒットとなっている。この上昇気流に、不況と呼ばれる出版業界が便乗するかのように、絵本や児童書のイラストに漫画家やアニメーターを起用、「萌え絵」化が加速することにつながっていった。

子どもを引きつける
「萌え絵」の威力

「古いイラストの児童文学は子どもに敬遠されがちなのは事実です。新訳は読みやすさもありますが、子どもはまず表紙を見て本を選びますよ」と都内の公共図書館に勤務する司書は、萌え絵のアピール力のすごさを教えてくれた。

 この「萌え絵」化ついて、NHKやフジテレビの読書関係番組に出演し絵本の今を語る、絵本コーディネーターで学校司書でもある東條知美氏(ウェブページはこちら)は、「文庫シリーズのメインターゲットとなる3~6年生の子どもたちは、自力で本を選べる世代。表紙などのイラストが『親しみやすくてかわいい』というのが選書ポイントです。生まれた時から『萌え絵』のヒーローやヒロイン、もしくはディズニーに親しんできた子どもの価値観は旧世代と異なります。『萌え絵』は昔の児童書挿し絵や表紙絵に比べ、『親しみやすさ』という点で、圧倒的に子どもとの距離が近いのです」と言う。

 古典児童文学に書かれた文章は、現代の生活様式の変化に対応していない言葉や表現など、子どもだけでなく、大人でも読みづらい点は否めない。原書を基にきちんと再考された新訳であれば、読書慣れしていない子どもにとってはうれしい1冊になる可能性もある。

 しかしイラストの場合、あまりにも新旧のイメージが異なると、世代を超えて受け継がれてきた作品のイメージや世界観が崩れ、名作と呼ばれる作品の原点や本質をも失う恐れがある。またエロさが際立つ「萌え絵」は子どもの教育にも悪影響を及ぼすと指摘する関係者は多い。

 これに対し、児童文学評論家の赤木かん子氏は、「多数の大人は、自分のセンスが古くなっていることにも気づけない」とサイゾーウーマンのインタビューで「萌え絵」を批判する大人を懐古主義とバッサリ切った。

 もちろん、赤木氏の言い分に共感する部分もある。だが、岩波書店の『ドリトル先生』シリーズでは、著者ヒュー・ロフティング自らが描いた、あまり“イケてない”ドリトル先生の妹サラが、角川つばさ文庫の『新訳ドリトル先生』シリーズでは超美人であったり、容姿にコンプレックスを感じている王子バンポがイケメンだったりと、登場人物の見た目のスペックが「萌え絵」で格段にアップしているのは、著者のイメージと乖離しているような印象を受ける。

「萌え絵」をどう扱うか
大人の問題のほうが大きい

 子どもが好きな絵で、まずは本に興味を持ってもらうことに異論はない。しかし、児童書の挿絵は、子どもが理解するには知識や経験が不足していると思われる部分への補足、作者が伝えたい情景へのイメージアクセスといった、物語への誘いという大切な役割を持っている。また、「萌え絵」とジェンダーの関係は、グローバル基準で考えるとかなりまずい側面もあり、児童書には配慮が必要かもしれない。

『スッキリ』(日本テレビ系)の『スッキリJUDGE』では「絵本・児童書の『萌え絵化』への抵抗あり・なし」(2018年10月30日)を放送したが、視聴者からは抵抗ありの傾向が見られ、親世代の「萌え絵」へ違和感が強いことがうかがえた。ただ問題は、議論の多くが「『萌え絵』は、やっぱり何か違うよね」で終わらせているということではないだろうか。

 本に興味を持った子どもに、物語のもっと深い部分の魅力を伝え、読書力を育てていくといった、“その先”にスポットを当てる必要があるのだ。

「萌え絵を入り口に、読書そのものに価値を見出してもらうためには、たとえば図書館で子どもと接する人材的要素、つまり司書の役割が重要です。そして出版社も、『売れるから』という理由だけで萌え絵一色とならないように、多様な価値観を示し続けることが重要です」と、学校司書でもある東条さんは言う。

 要は「萌え絵」への違和感といった表面的なことよりも、大人が「萌え絵」の本をどう扱うのか、そこが問題なのである。

(まついきみこ@子どもの本と教育環境ジャーナリスト/5時から作家塾®)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ