このページの本文へ

情報交換、研究開発、人材育成などの分野で協力

日本とイスラエル、サイバーセキュリティー分野で協力

2018年12月04日 18時15分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
覚書の署名式の模様

 総務省は11月29日、石田総務大臣がイスラエル・国家サイバー総局との間のサイバーセキュリティー分野における協力に関する覚書に署名したと発表した。

 3月に野田総務大臣(当時)がベンアリ駐日イスラエル大使と会談してサイバーセキュリティー分野における協力などについて意見交換を行ない、その後も総務省とイスラエル国家サイバー総局との間で実務レベルの会議を重ねてきたという。

 両国は情報交換、研究開発、人材育成などの分野で協力の覚書に署名。今後サイバーセキュリティー対策の取組を強化するとしている。

カテゴリートップへ

新生avenu jam開設に寄せて

「avenue jam」特別対談