このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー ― 第22回

世界初・遺伝子編集ベビー誕生の衝撃/人工知能の未来を憂う

2018年12月03日 12時00分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界最先端のテクノロジー情報をお届けするグローバルメディア「MITテクノロジーレビュー」から、ビジネスに役立つ注目のテック企業の最新動向、イノベーションにつながる最新の研究内容をピックアップして紹介します。

いまさら聞けない「機械学習」とは何か?フロー図を描いてみた

現在人々が人工知能(AI)について語るとき、ほとんどの場合、機械学習と呼ばれるAIの1つのカテゴリーにおける進展や成果を指している。ネット上のお薦めシステムや検索エンジンなどで使われている機械学習の手法は、1986年のジェフリー・ヒントンの発明に基づくものであり、ほぼ30年ぶりに復活して隆盛を極めている。

≫ 続きはこちら

遺伝子編集ベビー誕生:「即時停止を」CRISPR共同開発者が声明

遺伝子編集技術、クリスパー(CRISPR)の共同開発者の一人であるフェン・チャン教授は、中国の研究者が遺伝子を組み換えた女の子を誕生させたとの発表を受けて、CRISPRで遺伝子編集した赤ちゃんを誕生させることを当分の間は全世界で停止すべきだと声明を出した。同教授は、実験の危険性に加えて、実験が秘密裏になされたことを深く憂慮していると述べている。

≫ 続きはこちら

「深層学習の父」 ヨシュア・ベンジオが憂う 人工知能の未来

人工知能(AI)が学問的な興味の対象から、実世界に大きな影響を及ぼす強力なテクノロジーへと変貌するにつれて、各国間の競争激化や少数企業による寡占、軍事利用などが大きな問題となっている。「深層学習の父」の一人と言われるヨシュア・ベンジオに、AIをとりまく現状の課題と将来について聞いた。

≫ 続きはこちら

MIT教授が開発した「可動部のない」夢の航空機、初飛行に成功

MIT教授がプロペラもジェットエンジンも使わない航空機を開発し、飛行実験に成功した。実用化は容易ではないが、より静かで排気の少ない航空機の登場につながるかもしれない。

≫ 続きはこちら

機械学習+ロボットで ほぼ「人間の介在なし」 材料科学革命の衝撃

米国のスタートアップ企業が、人工知能(AI)と ロボット工学を活用して、新しい化合物の設計からテストまでのプロセスを自動化する「自動運転ラボ」を開発した。機械学習を使うことで、従来のアルゴリズムより迅速かつ効果的に新素材を見つけられるという。

≫ 続きはこちら

特報:世界初「遺伝子編集ベビー」が 中国で誕生、その舞台裏

現在、遺伝子工学で編集した胚の妊娠は、ヨーロッパのほとんどで非合法とされ、米国や中国でも禁止されている。しかし、中国の南方科技大学の研究チームは、HIVに対する耐性を持たせるためと称して、遺伝子編集を施した赤ちゃんを誕生させたことを発表した。

≫ 続きはこちら

強化学習の壁「ビッグ・ベビー問題」に挑む新ベンチマーク

強化学習は、いわゆる「ビッグ・ベビー問題」に直面している。

≫ 続きはこちら

スマート契約「実用化の壁」 オラクル問題解決へ新展開

スマート・コントラクトの実用化を長年妨げてきた「オラクル問題」を解決する1つの方法をあるスタートアップ企業が発表した。ブロックチェーンと現実世界との「接続」は実現するか。

≫ 続きはこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ