このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

冷却性能と静音性に定評あるクーラーと、熱をこもらせないケースファンのレイアウト

第9世代Coreのサイコム静音PC、コンパクトなのに静かでしかも快適性能

2018年11月30日 07時00分更新

文● 宮里圭介 編集●八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Silent-Master Pro Z390-Mini」

 PCは性能が高ければ高いほど速くなり、動作がサクサクと快適になる。この快適さのために高性能パソコンを選ぶというのは正しいが、問題となるのがマシンのサイズと騒音だ。高性能なCPUやビデオカードは発熱が大きく、これを冷やすために大きなクーラーと高回転なファンが必要となるため、高性能パソコンはどうしてもケースは大きくなるし、騒音も大きくなってしまう。

 大きなパソコンが置ける場所があり、騒音も気にしないというのであれば問題ないが、中には性能よりも騒音の小ささ、置き場に困らないコンパクトな本体サイズを優先したいという人もいるだろう。

 こういった人にピッタリな静音パソコンが、「Silent-Master Pro Z390-Mini」だ。どういった工夫で静音性を高めているのかを中心に、中身を詳しくチェックしていこう。

主なスペック
CPU Core i5-9600K(3.70GHz、6コア/6スレッド)
CPUクーラー NH-U12S(Noctua)
マザーボード Z390チップセット(ASRock Z390M Pro4)
メモリー 4GB DDR4-2666
ストレージ 500GB SSD(Crucial CT500MX500SSD1)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ(ASUS DRW-24D5MT)
ビデオカード GeForce GTX1050 Ti 4GB(ROG STRIX-GTX1050TI-O4G-GAMING)
PCケース Antec P5+前面ファン(Noctua NF-A14 ULN 800rpm)+背面ファン(Noctua NF-S12A FLX 1200rpm)
電源ユニット 550W、80PLUS GOLD(Fractal Design Edison M 550W)
OS Windows 10 Home(64bit)
金額 15万5990円

前へ 1 2 3 4 次へ