このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

3眼カメラのファーウェイ・HUAWEI Mate 20 Proに安田美沙子さんと皆藤愛子さんも感動

2018年11月28日 19時20分更新

文● スピーディー末岡/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

3眼カメラ搭載のHUAWEI Mate 20 Proの実力を
安田美沙子さんと皆藤愛子さんが体験!

 ファーウェイは今日28日、Leicaトリプルカメラを搭載したフラッグシップモデル「HUAWEI Mate 20 Pro」を日本国内で発売すると発表した。キャリアはソフトバンクが取り扱い、同時にSIMフリーモデルもラインナップされる。SIMフリー版は11月30日の発売で、価格は12万830円(税込)。ソフトバンク版は12月7日から予約開始で12月中旬以降の発売予定。グローバルではすでに発売しているため、待望の日本上陸となる。

 またスマートウォッチの「HUAWEI WATCH GT」も発表。こちは有機ELディスプレー採用、GPS、気圧センサー、コンパス搭載で、最長2週間バッテリーが持つというタフネスウォッチ(ただし、GPS使用の場合は22時間)。そのほか、睡眠トラッキングや心拍数の監視などの機能も備える。価格はスポーツモデルが2万6870円、クラシックモデルが2万7950円。

 発表会ではファーウェイデバイス 日本・韓国リージョンプレジデントの呉 波(Oliver Wu)氏が登壇。「グローバルでは第2~3四半期でスマートフォンシェアで2位につけました。日本でもAndroidスマホとAndroidタブレットで1位をキープできています。ユーザーの声に応えるべく研究開発してきた甲斐がありました。また、HUAWEI P20/P20 Proがさまざまな賞をいただきました。今日皆様にお届けするのはHUAWEI Mate 20 Proです。10月にロンドンで発表して以来、ヨーロッパのメディアで非常に好評なモデルです。これを日本でリリースできることをうれしく思います」とファーウェイの現状を報告するとともに、HUAWEI Mate 20 Proの日本投入を発表した。

ファーウェイデバイス 日本・韓国リージョンプレジデント 呉波氏
HUAWEI WATCH GT

 その後、端末のプレゼンを挟み、ゲストのトークセッションへ。女優の安田美沙子とキャスターの皆藤愛子が登壇し、HUAWEI Mate 20 Proについて語り合った。安田さんは日頃、子どもを撮影するためにスマホを使っているようで「デジカメと違ってスマホは撮りたいときに撮れるので、子ども写真をたくさん撮ってSNSにアップしています」とのこと。皆藤さんは「おもに飼い犬や旅先の写真を撮るのにスマホを使ってます。ブログなどにアップするのですが、最近はスマホカメラの性能が上がっているので頼り切ってますね」とコメントした。

安田美沙子さん皆藤愛子さん
イルミネーションの明かりに引っ張られることなく、ちゃんと顔も写ることに驚いたようだ皆藤さんは新機能のシネマモードを体験。自分以外はモノクロで写るなど映画的な動画が撮れる

 HUAWEI Mate 20 Proを使った感想を聞かれると、安田さんは「Leicaのトリプルカメラがすごいですね。何枚も撮影したんですが、これ本当にスマホの写真? という仕上がりで感動しました」、皆藤さんは「私はカメラ機能の多さに驚きました。AIで場面を認識してくれたり、超広角撮影ができたり。一番うれしかったのはマクロモードですね。これだけ寄ってもキレイに写ったのがうれしかったです」とそのカメラ性能に驚いていた。

 また、「夜景と一緒に撮影しても顔までしっかり写るのがいいですね。これからの季節、クリスマスのイルミネーションとか撮るのに良さそうです」と安田さん。皆藤さんは「スマホでの撮影ってたくさんすると思いますが、そんなときに写真が綺麗だとうれしいですよね。ぜひこのカメラを体験してほしいです」とトークを締めた。

前へ 1 2 次へ