このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Windows情報局ななふぉ出張所第132回

購入時の負担が減り、使い方によっては安くなる:

ドコモiPhone XR値下げ 本当に安い?

2018年11月28日 16時00分更新

文● 山口健太

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月26日、NTTドコモが「iPhone XR」を端末購入サポートの対象に加えたことが「大幅値下げ」と報じられ、話題になっています。一方、端末購入サポートには月々サポートがつかないことから「実質的には変わらないのではないか」という声も上がっています。いったいiPhone XRは本当に安くなったのでしょうか。

●発売1ヵ月で端末購入サポート対象に

 iPhone XR発売当初、ドコモが設定していた販売価格は64GB版で9万8496円です(税込、以下同)。これに月額2457円の「月々サポート」がつき、24ヵ月利用時の割引総額は5万8968円、実質負担額は3万9528円でした。

ドコモ発表当初のiPhone XR販売価格(ドコモオンラインショップ)

 ところが11月26日には新規とMNP契約時に「端末購入サポート」対象となり、機種代金から5万8968円、同時に始まった「iPhoneデビュー割」で8424円を割り引くことで、一括3万1104円で購入できるようになりました。

11月26日から端末購入サポート対象に(同上 64GB版MNP一括購入時の販売価格)

 さらにドコモオンラインショップでは5184円の限定特典を提供しており、他の販売店でも独自の値引きが期待できることから、全国的に一括2万円台で手に入る可能性が高いといえます。10月26日の発売から1ヵ月しか経っていないことを考えれば、これだけを見れば、たしかに大幅な値引きといえます。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン