このページの本文へ

先端テックニュースまとめ読み from MITテクノロジーレビュー ― 第21回

「機械学習」の違いをフローチャートにまとめてみた/3Dプリンターに健康リスク

2018年11月26日 12時55分更新

文● MITテクノロジーレビュー編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

世界最先端のテクノロジー情報をお届けするグローバルメディア「MITテクノロジーレビュー」から、ビジネスに役立つ注目のテック企業の最新動向、イノベーションにつながる最新の研究内容をピックアップして紹介します。

いまさら聞けない「機械学習」とは何か?フロー図を描いてみた

現在人々が人工知能(AI)について語るとき、ほとんどの場合、機械学習と呼ばれるAIの1つのカテゴリーにおける進展や成果を指している。ネット上のお薦めシステムや検索エンジンなどで使われている機械学習の手法は、1986年のジェフリー・ヒントンの発明に基づくものであり、ほぼ30年ぶりに復活して隆盛を極めている。

≫ 続きはこちら

イーサリアム開発者が語った「表舞台から去る」理由

イーサリアム開発者であるヴィタリック・ブテリンは、コミュニティにおける自身の役割を小さくしていくことに取り組んでいるという。

≫ 続きはこちら

機械翻訳は人間に追いついたのか? 評価方法を検証する

機械学習の目覚ましい進歩によって、機械翻訳はすでに人間に近い精度を持つとされている。だが、機械翻訳の実力を正しく比較するには、評価方法の変更が必要だという。

≫ 続きはこちら

3Dプリンターに健康リスク、個人利用でも安全対策を

卓上型3Dプリンターの使用が健康に及ぼすかもしれないリスクについては、分からないことだらけだ。しかし、新たな研究で、3Dプリンター利用者(私も含む)が取るべき安全上の予防措置が少し見えてきた。

≫ 続きはこちら

セキュリティ対策に新潮流、「教師なし」機械学習で内部不正検出

英国の情報機関出身者らが創業したサイバーセキュリティ企業は、教師なし学習の手法を用いて、情報漏洩などの内部不正を発見するアルゴリズムを開発している。一般によく用いられている、教師あり学習を用いた不正侵入検知アルゴリズムの弱点を補完するものだ。

≫ 続きはこちら

グーグルの研究者が開発したAI歌詞家、その残念な出来ばえ

アルゴリズムの創造的な用途の中でも、歌詞や詩を書く作業はとりわけ困難であることが分かっている。機械で歌詞を作る手法はまた、自然言語処理における他の作業とは大きく異なっている。究極的な目標は、正確であることより独創的であることだが、その定義を絞り込むのは難しい。

≫ 続きはこちら

二足歩行ロボ撤退、アルファベットがロボット事業再構築へ

アルファベット(グーグルの親会社)は、二足歩行ロボットの開発という野心的なプロジェクトの中止を決めた。このロボットは、2013年に買収した日本企業「シャフト(Schaft)」によって開発が進められていた。

≫ 続きはこちら

自然言語処理のトップ学会で発表されたデータ収集方法4つ

機械学習に必要な訓練データをいかにして収集するか。自然言語処理の年次学会である「EMNLP」で発表された、独創的なデータ収集方法を4つ紹介しよう。

≫ 続きはこちら

MITテクノロジーレビューからのお知らせ

いよいよ事業化へ動き出した自動運転による「移動手段の進化」が社会や人々の生活にどのような変化をもたらすのか? MITテクノロジーレビューは、自動運転を「テクノロジー」「都市生活」「法制度」の観点から多面的に捉え、自動運転が創り出す未来を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに考えるイベントを11月30日に開催します。いよいよ今週開催!ご来場お待ちしております

≫ 詳細はこちら

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ