このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

マキタBluetoothラジオのカッコ良さと扱いやすさは唯一無二

2018年11月24日 12時00分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 先の北海道胆振東部地震による停電で困ったのが、スマホの電力。モバイルバッテリーの用意はあったが、普段使わないものだから、いざというときに充電されていなかった。オーマイゴッド。

 ならばマキタのバッテリーを非常用にしよう。USBアダプターさえあればスマホの充電もできる。ついでにラジオやライトもマキタで揃えて普段から使うようにしてしまえ。そうすれば複数のバッテリーをローテーションで使うようになり、意識せずにエネルギーの備蓄ができる。実際、先の停電中にも、USBで給電するマキタ製品を持っていなかっただけで、充電されたバッテリーはゴロゴロあったのだから。

贅沢だが高いとは思わないマキタのラジオ

 ということで始まったマキタ導入計画も、そろそろ終盤。防災用品の筆頭と言えばラジオであり、私も最初にマキタのライト付ラジオ「MR050」は速攻で買った。でもラジオのようなベーシックアイテムはいくつあってもいいし、少しくらい贅沢してもいいのではないか。

 そこで以前から気になっていた現場ラジオ「MR108」を購入して、もう2ヵ月近く使った。ヤフーショッピングの石田金物で税込価格1万7832円。安いとは言えないが、高いとも思わない。だって、こんなにカッコいいのだから。

 おまけにこのラジオ、USB充電機能まである。ちょっとゴツくて重いが「ラジオ付きモバイルバッテリー」を名乗ってもいいはずなのである。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン