このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第88回

Mateの名を継ぐスマートフォン新モデルがファーウェイから登場!

ファーウェイ「HUAWEI Mate 20 lite」は両面ダブルレンズカメラ&AIで3万円台の高コスパスマホ

2018年11月22日 14時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SIMフリースマートフォンを中心に、魅力的なファーウェイの新製品を詳しくレビューしている「ファーウェイ通信」。今回取り上げるのは、税抜3万円台という購入しやすい価格帯の「HUAWEI Mate 20 lite」だ。

 AI対応の両面ダブルレンズカメラ、約6.3型の縦長ディスプレー、所有する喜びを感じられるデザインといった要素が、ミドルクラスの価格に詰まっている本機に詳しく迫る!

高コスパなのはもちろん、ビジネスシーンにも合うデザインが魅力の「HUAWEI Mate 20 lite」

上位モデルの機能を受け継ぐ高性能と
税抜3万円台の価格が魅力の新モデル

 ファーウェイの「HUAWEI Mate」シリーズに、新たに加わった「HUAWEI Mate 20 lite」。上位モデルから受け継ぐ、数々の魅力的な機能に加え、税抜3万円台という購入しやすい価格を実現。ビジネスでもプライベートでも活躍してくれる、コスパ抜群のモデルとなっている。

19.5:9の縦長ディスプレーを搭載している

 具体的な特徴を見ていこう。まず目を引くのが、縦横比19.5:9で約6.3型という大型液晶ディスプレーだ。解像度は1080×2340ドット。大画面+縦長画面により、SNSやニュースアプリなどの閲覧で特に威力を発揮。大画面でありながら、横幅は約75.3mmと電車の中などで片手でも使いやすいサイズに収まっている点は見逃せない。

大画面にも関わらず、約75.3mmの横幅なので男性であれば片手での操作も十分に可能

 CPUは「HUAWEI Kirin 710」(4×2.2GHz+4×1.7GHz)を搭載。高性能コアにはCortex-A73ベースのものを採用している。またメモリーは4GB、ストレージは64GB。OSはAndroid 8.1で独自UIはEMUI 8.2となっており、ストレスのない快適な操作だ。

この高性能を約7.6mmの薄型筐体に収めている

 アウトカメラは約2000万画素+約200万画素、インカメラは約2400万画素+約200万画素と、ともにダブルレンズカメラを搭載するうえに高画素である点も魅力的なポイントの1つ。また、どちらのカメラでも、AIがシーンや被写体を判別しベストな撮影方法を自動設定してくれる。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事