このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ファーウェイ通信第89回

ペン同梱でも3万円台! LTEモデルも用意

ペンも使える万能高コスパタブ、ファーウェイ「HUAWEI MediaPad M5 Lite」レビュー

2018年11月27日 11時00分更新

文● 加藤肇、ASCII編集部 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 毎回、ファーウェイの魅力的な製品を紹介している「ファーウェイ通信」。ここに来て、注目のAndroidタブレット新製品を次々とリリースしている同社だが、今回はエンタメ性能が特に魅力的な約10.1型タブレット「HUAWEI MediaPad M5 Lite」をレビューする。

 高精細で明るいIPS液晶ディスプレー、Harman Kardonによるサウンドチューニング、長時間使用にも対応できる大容量バッテリー、そして3万円台ながらペン付属モデルを用意する高コスパといった特長を詳しく紹介していく。

エンタメ性能に優れ、それでいてお買い得感もある約10.1型タブレット「HUAWEI MediaPad M5 Lite」

Harman Kardonによるサウンドチューニングなど
音楽や動画を楽しむのに適したHUAWEI MediaPad Mシリーズ

 ファーウェイのAndroidタブレット「MediaPad」シリーズには、用途や価格帯ごとに多様な製品が揃っているが、その中でも「Mシリーズ」は音楽や映像といったエンタメコンテンツを存分に楽しめる高性能がウリとなっている。

自宅での利用がメインとなりそうな比較的大型のタブレットである

 MシリーズではおなじみとなっているHarman Kardonによるサウンドチューニングは、HUAWEI MediaPad M5 Liteでもやはり大きな要素だ。スピーカーは、横画面時の本体上面と下面にそれぞれ2基ずつを備えるクアッド構成。外付けスピーカーが不要に感じるほどの大音量と高音質で、音楽や映像を堪能できる。

おなじみHarman Kardonによるサウンドチューニングは本機でも行なわれている
横画面時の上下にあるパワフルなクアッドスピーカーにも注目

 また、サラウンド技術「Histen」も採用されている。これは、ヘッドホン使用時に使用可能で、サウンドへの没入感を高めてくれるファーウェイ独自の技術だ。実際に音を聴いてみたが、非常に臨場感あふれるサウンドを楽しめた。

独自のサラウンド技術も利用できる

 約10.1型という大型ディスプレーも、HUAWEI MediaPad M5 Liteの大きな魅力だ。解像度は1920×1200ドットで、高精細な表示が可能。また、IPS液晶ディスプレーのため、視野角が広くなっており、さまざまな角度から映像を見ても色味に違和感がない。

明るく色味に優れたIPS液晶を搭載する

 つまり、家族や知人の集まりでみんなでワイワイと動画を見るのも、1人で集中して音楽や映像を楽しむのも、どちらにも対応できるタブレットというわけだ。

エンタメ重視の高性能タブでありながら2万円台から
ペン同梱モデルでも3万円台!

 HUAWEI MediaPad M5 Liteは、ここまで紹介してきたようなハイレベルなエンタメ性能を持つ大画面タブレットでありながら、Wi-Fiモデルであれば、税抜2万円台からというリーズナブルな価格を実現しているのもスゴいところ。また、単体で通信可能なLTEモデルに加え、詳細は後述するが、上位モデルにはタッチペンと専用カバーが同梱されており、それでも税抜3万円台後半と非常にコスパが高くなっている。

LTE版はもちろんSIMフリーなので格安SIMとの組み合わせにも適している
ペンにも対応。上位モデルには製品に同梱している
こちらも上位モデルに同梱されているカバー

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事