このページの本文へ

東芝「MN07ACA14T」

HDD最大容量14TBの東芝製ヘリウム充填HDD

2018年11月10日 23時58分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 東芝から、容量14TBのNAS向けSerial ATA対応の3.5インチHDD「MN07ACA14T」が発売された。ヘリウム充填技術を採用する。

容量14TBのNAS向けSerial ATA対応の3.5インチHDD「MN07ACA14T」

 24時間×7日間の駆動をサポートし、中小規模サイズの商用/個人用NASやRAIDにオススメというNAS向けSerial ATA対応の3.5インチHDD。先日発売された12TB「MN07ACA12T」の上位モデルとなる製品だ。

 業界最大の9枚ディスクを採用するほか、ヘリウム充填技術によりヘッド位置決め精度が上がり、ディスク回転も安定。故障率が低減、消費電力も低下した。そのほか、回転数7200rpm、キャッシュ容量は256MiB、データ転送レート248MiB/sec、消費電力4.54W。

 価格は4万6481円。パソコンショップアーク、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、TSUKUMO eX.(近日入荷)で販売中だ。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中