このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

Windows Info第146回

変わるWindowsのアプリ戦略 UWPからデスクトップアプリに原点回帰か

2018年11月11日 10時00分更新

文● 塩田紳二 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

UWPのエコシステムは期待したほどに盛り上がらず
デスクトップアプリに原点回帰!?

 Windows 10が2015年7月に出荷されて以来、早くも3年以上が経過した。しかし、当初マイクロソフトが描いていたような「UWP」によるアプリケーションのエコシステムは、いまだ発展途上にある。

開発中のXAML Island技術では、デスクトップアプリケーションからInkCanvasやInkToolbarのようなUWPコントロールを使うことが可能になるという

 Windowsから見れば後発のAndroidやiOSのエコシステムは、すでに十分大きくなったのに対して、明らかに不十分な状況だ。また、Officeを始め多くの主要アプリケーションは、いまだにデスクトップ環境で動作しており、UWP環境のアプリはそれほど使われていない。

 こうしたなか、Windowsに関するさまざまな発表を見ていくと、マイクロソフトの方針が変更されつつあることがわかる。簡単に言えば、UWPからデスクトップアプリへのシフトだ。

 UWPを諦めたわけではないが、Windowsというプラットフォームのメインのアプリケーションはデスクトップアプリケーションだという“原点回帰”の動きが感じられる。たとえば、マイクロソフトはブログで、「XAML Island」と呼ばれる技術を発表している(https://blogs.windows.com/buildingapps/tag/xaml-islands/)。これは、UWPのGUIをデスクトップアプリケーションで実現するためのものだ。

 .NET Frameworkの強化点などでも、デスクトップアプリケーション重視の方向にあり、来年登場予定の「.NET Framework 4.8」では、WinRT APIへのフルアクセスを実現する。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン